ベットする

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

JP EN アクセス お問い合わせ 検索 メニュー 図書館 図書館 TOP 書籍を探す 蔵書検索 こちらから蔵書を検索いただけます 新着図書 新たに図書館で受け入れた資料を紹介します 江戸の図書(古典籍) 所蔵している「食」に関する江戸時代の蔵書を検索・閲覧いただけます 提携図書館 複数の図書館と図書の貸出しの連携をおこなっています 食の文化ライブラリー ご利用ガイド 食の文化ライブラリーのご利用方法を紹介します アクセス 食の文化ライブラリーのアクセス情報です 開館スケジュール 食の文化ライブラリーの開館スケジュールです 3Dバーチャルツアー 館内をバーチャルで見学できます 食文化展示室 ご利用案内 食文化展示室を紹介します これまでの企画展示 過去の企画展示を紹介します 3Dバーチャルツアー 展示室内をバーチャルで見学できます 貴重書 明治から昭和30年代の「雑誌」 明治から昭和30年代の「食」に関する雑誌の紹介です 料理の友 当時の中流家庭の女性を対象にした雑誌です 食道楽 食通的な情報が載っているグルメ雑誌です 明治から昭和30年代の「書籍」 明治から昭和30年代の「食」に関する書籍一覧です 刊行物・コレクション 刊行物・コレクション TOP 刊行書籍 食の文化フォーラム 当財団が運営する研究討論会の記録本です 食文化誌『vesta』 バックナンバー vestaのバックナンバーを掲載しています 掲載記事 vesta掲載の過去の記事を一部紹介します 『vesta』掲載おすすめの一冊 vestaでは食にまつわる文献を紹介しています ビジュアルコンテンツ 映像アーカイブス 食文化を楽しく学べる動画を紹介しています みるvesta 特集のエッセンスと読みどころの紹介映像を掲載しています シンポジウム・公開講座 実施したシンポジウムや公開講座の映像を掲載しています 人類学者:石毛直道アーカイブス 食文化研究のパイオニア、石毛直道氏の研究アーカイブスを紹介します 錦絵ギャラリー 食文化に関わる錦絵を掲載しています コラム 大食軒酩酊の食文化 食文化研究のパイオニア、石毛直道氏による食文化誌『vesta』への寄稿記事です 食文化の探求 浮世絵に描かれた食模様を通して江戸の食文化を探求する記事「食でひもとく浮世絵の楽しみ」です シンポジウム・講座 シンポジウム・講座 TOP 公開シンポジウム 幅広い方に食文化への理解を深めていただくために、シンポジウムを開催しています 公開講座 食に関連した旬のテーマや社会的関心の高いテーマを選び、その分野の専門家を講師に招いた公開講座を開催しています 食文化入門講座 食文化に関心をお持ちいただきたい若者層を対象に、講義・ディスカッション・実習などを含んだ授業を行います 食の文化フォーラム 研究助成 研究助成 TOP 募集 これまでの研究助成 よくあるご質問 財団について 財団について TOP 事業のご紹介 理事長ごあいさつ 基本情報・アクセス 沿革 法人情報 プレスリリース 会員限定サイト 会員限定サイト TOP メルマガ会員サイト メルマガ登録 メルマガ会員情報確認 メルマガ会員よくあるご質問 フォーラム会員サイト お問い合わせ 会員限定サイト 蔵書検索 トップ 研究助成 よくあるご質問 Research よくあるご質問 研究助成に関するよくあるご質問をまとめています。 応募資格について Q組織に属していませんが、応募は可能ですか。 A研究機関、教育機関等に在籍されてない研究者の方でも、ご応募いただけます。 Q原則として、40歳前後となっていますが、その年齢を超えて応募は可能ですか。 A本事業は若手研究者を基本として考えていますが、将来の食の文化研究をリードする有意な研究であれば、40歳を超える研究者でも応募可能です。 Q現在海外に居住しているのですが、応募することは可能ですか。 A日本国内に研究等の拠点を有する研究者であれば、応募することは可能です。但し、贈呈式や研究報告会への出席など要領に記載する要件を満たすことができる方が前提となります。 Q民間助成機関以外であれば、文部科学省からの科研費等との重複は、可能ですか。 Aこの助成事業では、科研費等の公的な研究助成の重複助成を排除していません。但し、科研費の中には、その重複助成などを受けないことを条件としたものがありますので、それらの要件には留意してください。 申請書類について Q提出書類はオリジナル(原本)1部のみでよろしいのでしょうか。写しは必要ありませんか。 A提出書類はオリジナル(原本)1部のみで結構です(写しは不要)。 Q申請書は全部で3ページですが、ページ数を増やすことは可能でしょうか。あるいは、枠の大きさを変えてもいいでしょうか? Aページ数は増やさず、枠の大きさも変更せず、当初のファイルのスタイルをそのままの形でのご記入をお願いいたします。 Q申請書に図を入れることは可能でしょうか? A枠の範囲内であれば、図入りでもかまいません。 Q申請書のプリント体裁は? A白黒·片面印刷、クリップ留めでお送り下さい。 推薦者・推薦状について Q推薦者は、しかるべき推薦者、所属機関の長等となっておりますが、学長ではなく、所属長(系長、部局長、研究科長)でもよろしいのでしょうか。または、教授や助教クラスの推薦でも構わないのでしょうか。また、推薦状の印は、公印·私印の指定はありますか? A推薦者は、所属長(系長、部局長、研究科長)、または、教授や助教クラスの推薦でも構いません。但し、共同研究者からの推薦は、お受けできません。「しかるべき研究者からの推薦」とは機関の推薦を意味するものではありませんので、推薦していただける研究者の認印で結構です。 Q推薦者から複数の推薦は可能でしょうか。 A推薦者から複数の推薦は可能です。 共同研究者について Q共同研究者の年齢も40歳前後でなくてはならないのでしょうか? A共同研究者の年齢につきましても、原則40歳前後としております。やむをえずそれ以上の年齢でも応募をお受けしないわけではありません。 助成金の管理等について Q研究者が受領する研究資金は大学が管理しています。会計報告時には支出伝票·支出書類の提出は原本ではなく、コピーになりますが問題ありませんか? A大学等の機関で支出管理は、その管理規則に則って管理をお願いします。詳細については、助成決定後にその手続き等はご説明します。 Q共同研究者がいる場合、助成金の振込み先をそれぞれの研究者にしていただくことはできますか? A助成金の支出監理の責任は、助成申請者が行うことになりますので、助成金の振込先は、その責任者になります。 研究助成の募集について詳しく見る これまでの研究助成について詳しく見る 研究助成に関するお問い合わせ 【お問い合わせ先】 [email protected] 図書館 図書館 TOP 書籍を探す 蔵書検索 新着図書 江戸の図書(古典籍) 食の文化ライブラリー 食文化展示室 貴重書 刊行物・コレクション 刊行物・コレクション TOP 刊行書籍 ビジュアルコンテンツ 映像アーカイブス 人類学者:石毛直道アーカイブス 錦絵ギャラリー コラム シンポジウム・講座 シンポジウム・講座 TOP 公開シンポジウム 公開講座 食文化入門講座 食の文化フォーラム 食の文化フォーラム TOP フォーラム会員サイト 研究助成 研究助成 TOP 募集 これまでの研究助成 よくあるご質問 財団について 財団について TOP 事業のご紹介 理事長ごあいさつ 基本情報・アクセス 沿革 法人情報 プレスリリース 会員限定サイト 会員限定サイト TOP メルマガ会員サイト メルマガ登録 メルマガ会員情報確認 メルマガ会員よくあるご質問 フォーラム会員サイト お問い合わせ 公式Facebook 公式Instagram 公式YouTube JP EN お問い合わせ ウェブサイト利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ Copyright (C)Ajinomoto Foundation For Dietary Culture All rights reserved.

オンカジ無料版 188betapp下载 188betapp下载 Stake Casinoについての完全ガイド
Copyright ©ベットする The Paper All rights reserved.