メジャーリーグサッカー試合

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Japanese English Japanese English 交通案内 お問い合わせ サイトマップ 所長挨拶 設立趣旨・沿革 組織 組織図 研究部門 研究支援組織 施設・機器 シンボルマーク 交通案内 リンク お問い合わせ iPS細胞研究基金 ご支援のお願い ご寄付者へのお礼 ご寄付の使い道 税控除について 基金について よくあるご質問 主任研究者 研究成果 CiRAにおける研究 プロトコール トレーニング 研究材料の提供 大学・試験研究機関への提供 企業への提供 CiRAの知的財産 再生医療用iPS細胞ストック 研究にご協力いただいた皆様へ 学生対象インターンシップ Life at CiRA 研究者対象インターンシップ 高校生向け 修士・博士課程 よくある質問 iPS細胞とは? 患者さん向け情報 研究者・企業向け情報 その他 教材紹介 iPSマスター ポスター・コリントゲーム 幹細胞すごろく 幹細胞かるた 用語説明 フォトギャラリー 動画 イベント イベントカレンダー ニュースレター 刊行物 シンポジウム質疑応答 報道用写真素材 募集中 掲載終了分 T-CiRA 共同プログラム Altos-CiRA 研究プロジェクト ニュース・イベントNews & Events ニュース・イベントNews & Events Home › ニュース・イベント › ニュース › 2024年 › 研究活動 › 生命科学と社会をテーマにしたアート作品を制作しました ニュース News 2024年2月16日 生命科学と社会をテーマにしたアート作品を制作しました ポイント  一般の方に生命科学を身近なものとして感じ、考えていただくことを目的としてアート作品を公開しました。本作品は上廣倫理研究部門 笠間絹子教務補佐員・三成寿作特定准教授が中心となって企画し、クリエイティブユニットtupera tuperaの亀山達矢氏、中川敦子氏が制作しました。本作品は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)本館1階の展示コーナーでご覧いただけます。  なお、公開されている作品は、原画をもとに特殊な印刷技術で作成されたものです。 1. 作品概要 画像をクリックして拡大表示できます この作品に決まった見方はありません。 科学に詳しいから見えてくること。 アートが好きだから気付けること。 また、誰かと話しながら観ることで新たな発見も。 描かれているモノたちには、 どのような意味があると思いますか? 「表情」や「色彩」に注目することで 気がつくことはありますか? 本作品について 作品名 曖昧で確かなもの 2023年、カサネグラフィカ、78.9 × 59.2 cm 作 者 tupera tupera 公開日時 平日 8:30~17:15 (※土曜日・日曜日・祝日は公開いたしません) なお、不定期に研究棟見学会を開催しております。見学の際にも本作品をご覧いただけます。 詳しくは「研究棟見学会」ページをご覧ください。 展示場所 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)本館1階ギャラリースペース ギャラリースペースは一般の方に無料・申し込み不要で開放しています。 CiRAについて|交通案内 京都大学|病院構内マップ|構内マップ57番 京都大学|病院構内マップ|構内マップ57番 2. 作者・制作メンバー Photo by Ryumon Kagioka 作者 tupera tupera(ツペラ ツペラ) 亀山達矢と中川敦子によるユニット。2002年より活動を開始する。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、アートディレクションなど、様々な分野で幅広く活動している。絵本など、著書多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。「わくせいキャベジ動物図鑑」(アリス館)で第23回日本絵本賞大賞を受賞。2019年に第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。 亀山達矢と中川敦子によるユニット。2002年より活動を開始する。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、アートディレクションなど、様々な分野で幅広く活動している。絵本など、著書多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。「わくせいキャベジ動物図鑑」(アリス館)で第23回日本絵本賞大賞を受賞。2019年に第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。 Photo by Ryumon Kagioka 制作メンバー 京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門 笠間絹子 教務補佐員 三成寿作 特定准教授 [協力] 高橋マキ mondo 刀根彰吾・安間仁美 株式会社サンエムカラー 3. 本作品の技術的なポイント  本作品は、切り絵の手法で原画が制作されました。スキャン・編集の後、サンエムカラーのUVプリント技法「カサネグラフィカ(KASANE GRAFICA)」によりインクを何層も「重ね」ることで、これまで平面だけしか再現できなかった原画の筆致などを表現する形で完成されました。 下記からは、本作品に関する背景や経緯について記載しています。皆様にはCiRAにお越しいただき、先ずはご鑑賞いただきたいと思っておりますが、ご関心に応じてご覧ください。 4. 本作品を観た皆様からのコメント 展示会場では、作品をご覧になった方からコメントを募集しています。 その一部をもとに動画を作成しました。宜しければご覧ください。 感想を見る(動画) 5. 作者からのメッセージ メッセージを読む 6. より詳しくは 詳細を読む 5. 作者からのメッセージ メッセージを読む 6. より詳しくは 詳細を読む 7. 参考資料 本作品の制作・展示に関する参考文献はこちらです。 先端生命科学における対話型鑑賞応用の可能性ー三成寿作氏のプレゼンテーションより(pp 101-109) 『ここからどう進む? 対話型鑑賞のこれまでとこれから アートコミュニケーションの可能性』 福のり子,平野智紀,北野諒 編(京都芸術大学アート・コミュニケーション研究センター 監)淡交社,2023. 8. 本作品への支援 本作品は、公益財団法人セコム科学技術振興財団より支援を受けて制作されました。 9. 本件問い合わせ 本作品の展示・使用などについては下記までお問い合わせください。 CiRA上廣倫理研究部門 メールアドレス:uehiro-contact*cira.kyoto-u.ac.jp (お手数ですがメール送信の際 * を@に変えてください。) ニュース イベント イベントカレンダー ニュースレター 刊行物 シンポジウム質疑応答 2019年 2018年 2017年 2015年 2014年 2011年 2010年 2009年 報道用写真素材 CiRAについて 所長挨拶 設立趣旨・沿革 組織 施設・機器 シンボルマーク 交通案内 リンク お問い合わせ iPS細胞研究基金 ご支援のお願い ご寄付者へのお礼 ご寄付の使い道 税控除について 基金について よくあるご質問 研究活動 主任研究者 研究成果 CiRAにおける研究 プロトコール トレーニング 研究材料の提供 CiRAの知的財産 再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト 研究にご協力いただいた皆様へ 教育・キャリア 学生対象インターンシップ 研究者対象インターンシップ 修士・博士課程 高校生向け Life at CiRA もっと知るiPS細胞 よくある質問 用語説明 教材紹介 フォトギャラリー 動画 ニュース・イベント ニュース イベント イベントカレンダー ニュースレター 刊行物 シンポジウム質疑応答 報道用写真素材 採用情報 募集中 掲載終了 T-CiRA Altos-CiRA 交通案内 | お問い合わせ | サイトマップ サイトポリシー・プライバシーポリシー Copyright © Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University. All rights reserved. CiRAについて 研究活動 教育・キャリア もっと知るiPS細胞 ニュース・イベント 採用情報 交通案内 iPS細胞研究基金 お問い合わせ

eflリーグ1 スポーツベットアイオーボーナスコード フラッシュ役 サッカードイツ対イタリア
Copyright ©メジャーリーグサッカー試合 The Paper All rights reserved.