「RIZIN」大会の朝倉未来の勝敗予想の精度が ... - BEAST MODE

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

センターについて センターについて一覧ページ センター長挨拶 組織体制 スタッフ紹介 連携先一覧 リンク集 センターの役割 センターの役割一覧ページ 産学官連携 地域連携 生涯学習 研究推進 研究シーズ 研究シーズ一覧ページ 教員情報 社会貢献活動 教員サポート お問い合わせ お問い合わせ 一般・企業・自治体の方のお問い合わせ 教員・学生の方のお問い合わせ 研究シーズResearch Profiles HOME 研究シーズ ウミエラ類の種多様性と適応進化 キープ 0 ウミエラ類の種多様性と適応進化 プロフィール 地球環境科学部 環境システム学科 助教: 櫛田 優花 Yuka Kushida 2021年3月 琉球大学理工学研究科海洋環境学専攻 博士後期課程修了。鹿児島大学国際島嶼教育研究センター奄美分室特任研究員を経て2022年4月から現職。海と奇妙な生物と昆布が好きです。 目的・内容 海洋無脊椎動物の種多様性・多様性創出機構を明らかにする 生物多様性が重要であると言われる昨今、「何がどこにいるのか」、「生物はどのように多様化してきたのか」といったことでさえ、我々は十分に認識できていません。一方で、このような認識されていない生物の中には、生態系を支える種も多くいます。種多様性を正しく把握することは、保全においても重要です。 私の研究では、形・遺伝子・環境からの手がかりを通して、海洋生態系を支える八放サンゴ類、特に砂泥底に生息するウミエラ類の種多様性・多様性創出機構の解明に取り組んでいます。 展望・成果 複数の観点から多様性の根源に迫る これまで、ウミエラ類を含む八放サンゴ類を対象として、系統分類・適応進化・生態における知見の拡充を実施してきました。例えば、浅海から深海域に生息する多様なウミエラ類を扱った分子系統学的研究では、ウミエラ上科において他人の空似(収斂進化)が起きていることを明らかにしました。また、適応進化の観点から、ウミエラ類の多様化において生息水深帯が関係していること、ウミエラ類が異なる環境へ進出するタイミングで、彼らの「骨片」の形が同調的に変化していることを明らかにしました。これらの研究は、ウミエラ類の種多様性・多様性創出機構を理解するための土台形成に貢献しています。また、種の記載を行い、海洋生物多様性の理解を深めました。 今後も様々な視点からウミエラ類・八放サンゴ類の生き様や進化の過程を見つめ、彼らのことを知っていきたいと思います。 最近の主な研究成果 Kushida Y, Kunihiro S, Reimer JD. (2023) First observation of Waminoa sp. on Dendronephthya aff. rigida. Plankton Benthos Res, 18(1), 52-54 Kushida Y, Imahara Y, Boo WH, Fernandez-Silva I, Fromont J, Gomez O, Wilson N, Kimura T, Tsuchida S, Fujiwara Y, Higashiji T, Nakano H, Kohtsuka H, Iguchi A, Reimer JD. (2022) Exploring the trends of adaptation and evolution of sclerites with regards to habitat depth in sea pens. PeerJ, 10, e13929 Kushida Y, Reimer JD. (2020) Description of the sea pen Calibelemnon hinoenma sp. nov. from shallow waters in southern Japan. Mar Biodivers, 50(6), 1-10 Kushida Y, Kise H, McFadden CS, Reimer JD. (2020) A sea pen field in shallow water in the Amakusa Islands, southern Japan. Plankton Benthos Res, 15(3), 259-268 Kushida Y, Higashiji T, Reimer JD. (2020) First observation of mole-like burrowing behavior observed in a sea pen. Mar Biodivers, 50(3), 1-9 Kushida Y, Reimer JD. (2019) Molecular phylogeny and diversity of sea pens (Cnidaria: Octocorallia: Pennatulacea) with a focus on shallow water species of the northwestern Pacific Ocean. Mol Phylogenet Evol, 131, 233-244 砂泥底に棲むウミエラ類 ウミエラ類の多様な群体形 サンプリングの様子 キーワード #海洋無脊椎動物、#種多様性、#適応進化、#生態学、#系統分類、#分子系統、#刺胞動物、#八放サンゴ、#ウミエラ、#バイオミネラル、#砂泥底、#浅海、#深海、#海 この記事をキープする よく読まれている記事 魔術の現象学 自然な日本語を書くための、文の構造と長さや頻度の関係の研究 アメリカン・ルネッサンス期の先住民作家William Apessとその文学 index お問い合わせ 一般・企業・自治体の方はこちら More 教員・学生の方はこちら More 立正大学オフィシャルサイト 品川キャンパス〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16 熊谷キャンパス〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700 公的研究費不正防止への取り組み 立正大学ウズベキスタン学術調査隊 サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー アクセス 学校法人立正大学学園 Copyright © Rissho University. All Rights Reserved.

ブレイキングダウン8オッズ uefaネーションズリーグ統計情報 トラストダイス ブブリク
Copyright ©「RIZIN」大会の朝倉未来の勝敗予想の精度が ... - BEAST MODE The Paper All rights reserved.