ステークカジノ(Stake)を徹底レビュー:仮想通貨に強いブック ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 賞 学生指導及び学内行政分担 研究課題・受託研究・科研費 社会的活動 委員会・協会等 研究業績(著書・論文等) 研究業績(招待講演) 研究業績(学会発表) 研究業績(取得特許)     (最終更新日:2024-04-08 21:08:06)   シオザワ トモキ   SHIOZAWA Tomoki   塩澤 友規    所属   青山学院大学  経営学部 経営学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 産業労働衛生論, ヘルスケア経営論, 医療システム管理研究Ⅰ・Ⅱ, 経営演習Ⅰ(1)(2)・Ⅱ(1)(2), 健康医学, ジェロントロジーと諸科学 ■ 専門分野及び関連分野 医療管理, 産業労働衛生, 総合内科, 脳神経内科, 環境生理  ■ 学歴・学位 1. 博士(医学) ■ 職歴 1. 1992/06~1994/05 日本大学 医学部付属板橋病院 神経内科 研修医 2. 1992/06~1995/06 日本大学 医学部 神経学教室無給助手 3. 1993/06~1994/05 栃木県大田原赤十字病院 内科 診療医員 4. 1994/06~1994/06 日本大学医学部附属板橋病院 神経内科 診療医員 5. 1995/07~1997/05 ハーバード大学 医学部附属ブリガム・アンド・ウィメンズ病院 放射線科博士研究員 6. 1995/07~1998/01 ハーバード大学医学部/マサチューセッツ工科大学 健康科学技術部門 医療情報学博士研究員 7. 1997/06~1998/03 東京慈恵会医科大学 医学部 医学情報センター医療情報研究室有給助手 8. 1997/06~2000/03 東京慈恵会医科大学 医学部 有給助手 9. 1997/06~2000/03 東京慈恵会医科大学 医学部 附属病院内科・神経内科医員 10. 1998/04~2000/03 東京慈恵会医科大学 医学部 理事会スタッフ部門情報システム研究室有給助手 11. 2000/04~2007/02 日本大学 医学部 有給助手 12. 2001/04~2007/03 日本大学 医学部 社会医学講座衛生学部門医局長 13. 2001/04~2007/03 日本大学 医学部 附属板橋病院内科・神経内科医員 14. 2003/04~2007/03 青山学院大学 非常勤講師 15. 2005/04~2006/03 上智社会福祉専門学校 非常勤講師 16. 2005/04~2009/03 愛知医科大学 医学部 第二生理学教室客員研究員 17. 2005/04~2007/03 日本大学 生産工学部 機械工学科客員研究員 18. 2006/04~2007/03 文部科学省所管財団法人学術研究法人脳血管研究所 客員教授 19. 2007/03~2007/03 日本大学 医学部 社会医学講座衛生学部門専任講師 20. 2007/04~2009/03 日本大学 医学部 内科学講座神経内科兼任講師 21. 2007/04~2008/03 青山学院大学 保健管理センター 保健管理医師(校医) 22. 2007/04~ 青山学院診療所 内科 診療医員 23. 2007/04~2009/03 青山学院大学 経営学部 教授 24. 2008/04~ 学校法人青山学院 産業医 25. 2008/04~ 青山学院大学 保健管理センター 副所長(危機管理担当) 26. 2009/04~ 青山学院大学 経営学部 経営学科 教授 27. 2011/04~ 青山学院大学 大学院経営学研究科 教授 28. 2013/07~ 東京慈恵会医科大学 医学部 附属第三病院内科・脳神経内科非常勤診療医長 29. 2022/04~ 青山学院大学 保健管理センター 副所長(青山キャンパス担当,危機管理担当) 5件表示 全件表示(29件) ■ 所属学会 1. 1992/05~ 日本内科学会 2. 2004/04~ ∟ 認定内科医 3. 2016/12~ ∟ 総合内科専門医 4. 1992/06~ 日本神経学会 5. 1999/07~2004/06 ∟ 脳神経内科認定医 6. 2004/07~ ∟ 脳神経内科専門医 7. 2009/04~ ∟ 脳神経内科指導医 8. 2000/04~ 日本宇宙航空環境医学会 9. 2003~ ∟ 評議員 10. 2003~ 日本栓子検出と治療学会 11. 2003~2004 ∟ 世話人 12. 2004~ ∟ 評議員 13. 2011/01~ ∟ 理事 14. 2005~ 日本時間生物学会 15. 2007~ ∟ 評議員 16. 2006~ 形の科学会 17. 2009~ ∟ 学会運営委員(理事) 18. 2013/11~2013/11 ∟ 第76回形の科学シンポジウム代表世話人(大会長) 19. 2021~ ∟ 事務局長 20. 2006~ 日本医療・病院管理学会 21. 2006/04~ 日本公衆衛生学会 22. 2011/04~ ∟ 学会認定公衆衛生学専門家 23. 2006/04~ 日本産業衛生学会 24. 2007/04~ 日本認知症学会 25. 2011/01~ ∟ 専門医 26. 2012~ ∟ 指導医 27. 2010~ 国際戦略経営研究学会 28. 2010~ 日本労務学会 29. 2010~ 日本経営学会 30. 2021~ 横断型基幹科学技術研究団体連合(横幹連合) 31. 2021~ ∟ 代議員 5件表示 全件表示(31件) ■ 賞 1. 1995 (財)上原記念生命科学財団 上原記念生命科学財団ポストドクトラルフェローシップ 2. 2001/05 日本大学医学会 日本大学医学会第1回奨励賞 3. 2002/04 第72回日本衛生学会最優秀ポスター賞 4. 2003/09 第73回日本衛生学会学会長特別奨励賞 ■ 学生指導及び学内行政分担 1. 2011/10/01~ 青山学院大学 柔道部部長 2. 2019/04/01~2021/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(危機管理担当) 3. 2021/04/01~2023/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(危機管理担当) 4. 2022/04/01~2023/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(青山キャンパス) 5. 2023/04/01~2025/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(青山キャンパス) 6. 2023/04/01~2025/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(危機管理担当) 7. 2024/04/01~2025/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(青山キャンパス) 8. 2024/04/01~2025/03/31 青山学院大学 保健管理センター副所長(危機管理担当) 5件表示 全件表示(8件) ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 1992/05~  総合内科学に関する研究. 個人研究  2. 1992/05~  臨床神経学に関する研究 個人研究  3. 1992/06~1995/06  代謝性脳疾患の臨床に関する研究 機関内共同研究  4. 1995/04~1996/03  医学・医療情報提供における人工知能の可能性に関する研究(単独) 競争的資金等の外部資金による研究  5. 1995/07~  ヘルスケア業界におけるマネジメントに関する研究 国際共同研究  6. 1995/07~2001/05  医学教育における情報システムの応用に関する研究 国際共同研究  7. 1995/07~  広域医療ネットワーク管理における情報システムの応用に関する研究 国際共同研究  8. 1997/06~2007/03  脳梗塞の予防法開発に関する研究 個人研究  9. 1997/07~2007/03  寝たきり予防に関する研究 国内共同研究  10. 1998/04~1999/03  (委託研究)ヒト血流中の微小粒子(脳梗塞の寒栓子)の無侵襲的定量測定法の研究(研究分担) 企業からの受託研究  11. 2000/04~  労務管理における産業労働衛生学・人間工学の応用に関する研究 国内共同研究  12. 2000/04~  産業労働衛生学に関する研究 個人研究  13. 2000/04~2008/03  脳循環生理と重力環境の関係に関する研究 国内共同研究  14. 2000/04~2008/03  起立性調節障害の発症メカニズムに関する研究 国内共同研究  15. 2000/04~2008/03  重力環境と各種生理学的機能の関係に関する研究 国内共同研究  16. 2000/04~2003/03  高地トレーニングに対する生理学的指標の応用に関する研究 国内共同研究  17. 2000/04~  高齢者における身体パフォーマンスの各種生理学的評価に関する研究 国内共同研究  18. 2001/04~2002/03  ヒト脳血流量自己調整機能に対する体軸方向重力負荷の容量依存的影響に関する研究(単独) 学術研究助成金(奨励研究)  19. 2001/04~2008/03  不動性骨粗鬆症に対する運動療法に関する研究 国内共同研究  20. 2004/04~2005/03  大学生競技者の高所トレーニング効果率と個人差誘発因子の多角的アプローチによる研究学術研究助成金(総合研究)(研究分担) 機関内共同研究  21. 2004/04~2005/03  脳機能から見た鉄道運転士の覚醒度向上に関する研究 その他の補助金・助成金  22. 2004/07~  医療マネジメントにおける情報システムの応用に関する研究 国際共同研究  23. 2005~  高齢者身体パフォーマンスと筋電評価に関する研究 国内共同研究  24. 2005/04~2007/03  バイオフィードバックによる高齢者の骨盤底筋群トレーニングに関する研究 萌芽研究(研究分担者)  25. 2005/04~2008/03  国際多面的人工重力プロジェクトへの参加 その他の補助金・助成金  26. 2006/04~2007/03  バイオフィードバックによる高齢者の会陰筋群トレーニングに関する研究(研究分担) 競争的資金等の外部資金による研究  27. 2006/04~2007/03  自動車運転時の高次脳機能計測の可能性検証の研究(共同代表) 企業からの受託研究  28. 2006/04~2007/03  運転操作/支援と脳・自立神経活動に関する基礎的研究(学術研究助成金(総合研究))(研究分担) 機関内共同研究  29. 2006/04~2009/03  非侵襲的に簡便にストレス状態をモニタリングできる方法に関する研究 その他の補助金・助成金  30. 2006/04~2008/03  非拘束センシングによる鉄道運転士の状態推定と運転支援に関する研究 その他の補助金・助成金  31. 2007/04~  学校保健に関する研究 機関内共同研究  32. 2007/04~2010/03  映像の生体影響評価と映像酔いの予防に関する研究 基盤研究(C)(研究分担者)  33. 2007/04~2008/03  脳神経活動と運転行為に基づく高安全運転支援に関する研究(研究分担) 国内共同研究  34. 2008/04~  ヘルスケア産業界におけるsocial entrepreneurshipに関する研究 個人研究  35. 2012/08~2013/03  心拍変動解析法による眼球心臓反射の分析に関する研究 国内共同研究  36. 2016/04~2017/03  データ駆動型社会における新しい経営学教育の在り方に関する学際的課題の検討 ~医療,ロジスティックス,マーケティング,会計の観点から~ 機関内共同研究  37. 2017/04~2018/03  データ駆動型社会における新しい経営学教育の在り方に関する学際的課題の検討 ~会計,ロジスティックス,マーケティングの観点から~ 機関内共同研究  38. 2018/04~  学長イニシアティブプロジェクト ジェロントロジー研究 機関内共同研究 (キーワード:老年学、ジェロントロジー) 39. 2021/04~2022/03  ヘルスイノベーション学術ネットワークの基盤形成 機関内共同研究  5件表示 全件表示(39件) ■ 社会的活動 1. 2017/04~ 社会医学系専門医協会認定社会医学系専門医・指導医 2. 2022~ 日本脳神経超音波学会・日本栓子検出と治療学会合同あり方委員会ワーキンググループメンバー 3. 2021/04 形の科学会事務局長 4. 2021~ 横断型基幹科学技術研究団体連合(横幹連合)代議員 5. 2020/07~ 青山学院大学ジェロントロジー研究所副所長 6. 2019/11~2019/11 ジェロントロジー研究所連続講演会第4回講演会座長 7. 2019/04~2021/03 青山学院大学「人を対象とする研究に関する倫理審査委員会」委員 8. 2018/11~2018/11 ジェロントロジー研究所連続講演会第1回講演会座長 9. 2018/05~2018/05 第64回全日本基督教大学柔道大会 大会委員長 10. 2018/04~ 青山学院大学ジェロントロジー研究所研究員 11. 2016/12~ 日本内科学会認定総合内科専門医 12. 2016/09~2016/09 国際戦略経営研究学会 第9回全国大会事務局委員 13. 2016/04~2017/03 国際学術誌FORMA編集委員 14. 2013/11~2013/11 第76回形の科学シンポジウム『経済・経営にみる形』代表世話人(全国大会々長) 15. 2013/07~ 東京慈恵会医科大学附属第三病院内科・脳神経内科 非常勤診療医長 16. 2012/04~ 日本認知症学会認定指導医 17. 2012~ 東京学生柔道連盟大会役員参与 18. 2011/11~ 日本認知症学会認定専門医 19. 2011/10~ 青山学院大学柔道部部長 20. 2011/04~ 日本公衆衛生学会認定専門家 21. 2011/01~ 日本栓子検出と治療学会理事 22. 2009/07~2009/07 新型インフルエンザ対策セミナー 23. 2009/06 (教育セミナー)医療の質と医療マネジメント.第1回青学Hicon「ホスピタリティマネジメント」OneDayセミナー 24. 2009/04~ 日本神経学会認定指導医 25. 2009~ 形の科学会(日本学術会議協力学術研究団体)運営委員/幹事(渉外・広報担当理事) 26. 2008/06~ 日本医師会東京支部渋谷部会会員 27. 2008/04~ 学校法人青山学院産業医 28. 2008/01~ 日本医師会認定産業医 29. 2008~2011 青山学院大学柔道部副部長 30. 2007~2010 日本人間工学会関東支部委員 31. 2007~ 日本時間生物学会評議員 32. 2004/07~ 日本神経学会認定脳神経内科専門医 33. 2004/04~ 日本内科学会認定内科医 34. 2004~2006 厚生労働省衛生管理者資格試験講習(中央労働基準協会主催)講師 35. 2004~2004 日本栓子検出と治療学会第7回総会幹事 36. 2004~ 日本栓子検出と治療学会評議員 37. 2004~2004 血管ドック研究会世話人 38. 2004~2004 関東甲信越神経脈管超音波研究会世話人 39. 2003~ 日本宇宙航空環境医学会評議員 40. 2003~2003 日本栓子検出と治療学会世話人 41. 2001~2002 厚生労働省有機溶剤作業主任者技能講習(中央労働基準協会主催)講師 42. 2001~2009 日本人間工学会評議員 43. 2001~2004 日本人間工学会関東支部委員 44. 2000/06 日本脳神経超音波学会第19回学会実行委員 45. 2000~2002 日本栓子検出と治療研究会世話人 46. 1999/07~2004/06 日本神経学会認定医 47. 1999~1999 日本栓子検出と治療研究会第2回研究会幹事 48. 1998~1998 日本栓子検出と治療研究会第1回研究会幹事 49. 1998~ 神経・筋疾患に関するボツリヌス療法研究会ボツリヌス毒素製剤使用資格 50. 1997/03~1997/03 日本医療情報学会医療情報国際セミナーfacilitator(厚生省後援・ハーバード大学医学部協力) 51. 1992/07~ 保険医登録 52. 1992/05~ 第86回医師国家試験(厚生省)合格 医籍登録(医師免許取得,厚生大臣) 5件表示 全件表示(52件) ■ 委員会・協会等 1. 2021~ 横断型基幹科学技術研究団体連合(横幹連合) 代議員 2. 2012/04~ 東京学生柔道連盟 参与 3. 2009/02~2009/02 名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科博士論文審査委員会 学外委員・副査 4. 2003~2004 日本オリンピック委員会 競泳医療サポート医員 5. 2001~2003 日本オリンピック委員会 クロスカントリースキー医科学サポート・調査研究員 ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  国試118-第118回医師国家試験問題解説書   (共著) 2024/04 2. 著書  国試117-第117回医師国家試験問題解説書   (共著) 2023/04 3. 著書  国試116-第116回医師国家試験問題解説書.   (共著) 2022/04 4. 著書  Electromyography and Performance Bio-information for Hygiene pp.69-79 (共著) 2021/04 5. 著書  国試115-第115回医師国家試験問題解説書.   (共著) 2021/04 6. 著書  学校における健康管理と産業医―教職員への対応 産業医ガイド 第3版 〜基本管理業務からメンタルヘルスまで 641-647頁 (共著) 2020/12 7. 著書  国試114-第114回医師国家試験問題解説書 TECOM  (共著) 2020/04 8. 著書  国試113-第113回医師国家試験問題解説書   (共著) 2019/04 9. 著書  Evaluation in Biofeedback Training System on Displays. (Chapter 11.) Stereopsis and Hygiene,Current Topics in Environmental Health and Preventive Medicine. pp.123-135 (共著) 2019/02 10. 著書  第112回医師国家試験問題解説書,国試112   (単著) 2018/04 11. 著書  ①地球環境,第9章 公衆衛生における生活環境と問題への対策. みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度2018-2019. 148-153頁 (共著) 2017/10 12. 著書  ②食品および家庭用品,第9章 公衆衛生における生活環境と問題への対策.  154-158頁 (共著) 2017/10 13. 著書  ③ごみ・廃棄物,第9章 公衆衛生における生活環境と問題への対策. みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度2018-2019. 159-161頁 (共著) 2017/10 14. 著書  ④住環境,第9章 公衆衛生における生活環境と問題への対策. みるみるナーシング 健康支援と社会保障制度2018-2019. 162-165頁 (共著) 2017/10 15. 著書  第111回医師国家試験問題解説書,国試111   (単著) 2017/04 16. 著書  健康支援と社会保障制度,ラスパ過去問対策2017.看護師国家試験問題解答と解説第3巻  121-136頁 (共著) 2016/04 17. 著書  国試110-第110回医師国家試験問題解説書   (共著) 2016/04 18. 著書  第105回看護師国家試験問題解説書,ラスパ過去問対策2017第4巻   (共著) 2016/04 19. 著書  健康支援と社会保障制度,第3巻小児看護学・母性看護学・精神看護学・社会保障制度と生活者の健康,ラスパ過去問対策2016第3巻   (共著) 2015/04 20. 著書  国試109ー第109回医師国家試験問題解説書   (共著) 2015/04 21. 著書  第104回看護師国家試験問題解説書,ラスパ過去問対策2016第4巻   (共著) 2015/04 22. 著書  国試108―第108回医師国家試験問題解説書   (共著) 2014/04 23. 著書  第103回看護師国家試験問題解説書,ラスパ過去問対策2015第4巻  4  2014/04 24. 著書  神経.国試カンファランス あなむね 龍之巻  70-140頁 (共著) 2013/11 25. 著書  国試107―第107回国家試験問題解説書   (単著) 2013/04 26. 著書  第102回看護師国家試験問題解説書,ラスパ過去問対策2014第4巻  4  2013/04 27. 著書  健康支援と社会保障制度,小児看護学・母性看護学・精神看護学・健康支援と社会保障制度,ラ・スパ過去問対策2013第3巻  261-323頁 (共著) 2012/04 28. 著書  国試106―第106回国家試験問題解説書   (共著) 2012/04 29. 著書  第101回看護師国家試験問題解説書,ラスパ過去問対策2013第4巻   (共著) 2012/04 30. 著書  Nonlinear Analysis for Evaluation of Age-Related Muscle Performance Using Surface Electromyography. EMG Methods for Evaluating Muscle and Nerve Function pp.91-106 (共著) 2012/01 31. 著書  Sensor Output Signal Evaluation System for Biofeedback Training and its Application. Muscular System - Anatomy, Functions and Injuries, Neuroscience Research Progress. Electromyography - New Developmenta, Procedures and Applications - . 67-84頁 (共著) 2012 32. 著書  三叉神経痛,IX. 頭部神経痛および中枢性顔面痛.アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 識る 診る 治す 頭痛のすべて  276-279頁 (共著) 2011/11 33. 著書  後頭神経痛,IX. 頭部神経痛および中枢性顔面痛.アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 識る 診る 治す 頭痛のすべて  283-285頁 (共著) 2011/11 34. 著書  舌咽神経痛,IX. 頭部神経痛および中枢性顔面痛.アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 識る 診る 治す 頭痛のすべて  塩澤友規,五味慎太郎,川﨑仁志(辻 省次,鈴木則宏 編集),280-282頁 (共著) 2011/11 35. 著書  『みるみる公衆衛生2012』  1-352頁 (共著) 2011/09 36. 著書  16. 医療保険制度  243-247頁 (単著) 2011/04 37. 著書  Topics 12. 旅行者下痢症.  181-181頁 (単著) 2011/04 38. 著書  Topics 19. 医療情報の特殊性.  284-284頁 (単著) 2011/04 39. 著書  Topics 3. 旅行者血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)  12-12頁 (単著) 2011/04 40. 著書  Topics 5. 日本人の食事摂取基準(2010年版)  26-26頁 (単著) 2011/04 41. 著書  Topics 6. シックビル(シックハウス)症候群  54-54頁 (単著) 2011/04 42. 著書  「小児看護学・母性看護学・精神看護学・社会保障制度と生活者の健康」  3,259-324頁 (共著) 2011/04 43. 著書  「第100回看護師国家試験問題解説書」  4 (共著) 2011/04 44. 著書  『エッセンシャル健康医学』  1/284頁 (共著) 2011/04 45. 著書  『国試105-第105回医師国家試験問題解説書』  1-908頁 (共著) 2011/04 46. 著書  8.内分泌の仕組みとバセドウ病  163-169頁 (単著) 2011/04 47. 著書  Consideration of Indices to Evaluate age-related Muscle Performance by Using Surface Electromyography.  pp.585-591 (共著) 2010/10 48. 著書  『第104回医師国家試験問題解説書National Board 2010』   (共著) 2010/04 49. 著書  『第99回看護師国家試験問題解説書』   (共著) 2010/04 50. 著書  『第103回医師国家試験問題解説書. National Board 2009』   (共著) 2009/04 51. 著書  『第98回看護師国家試験問題解説書』   (共著) 2009/04 52. 著書  Effect of a Stereoscopic Movie on the Correlation between Head Acceleration and Body Sway. Virtual and Mixed Reality. Lecture Notes in Computer Science pp.120-127 (共著) 2009 53. 著書  『第101回医師国家試験問題解説書』  1-536頁 (単著) 2008/04 54. 著書  8.新しい医療と制度.(4)医療保険制度.  276-280頁 (単著) 2008/04 55. 著書  「肺性脳症」  419-423頁 (共著) 2007/07 56. 著書  『最新健康医学入門』   (単著) 2007/04 57. 著書  A New Concept of Cerebral Autoregulation Using Mathematical Expressions.  pp.327-331 (共著) 2007/03 58. 著書  An Application of Double-Wayland Algorithm to Detect Anomalous Signals  pp.357-361 (共著) 2007/03 59. 著書  『第100回医師国家試験問題解説書 National Board 2002』,「一般総論B」「一般総論G」  145-145,370-371頁 (単著) 2006/04 60. 著書  『第95回看護師国家試験問題解説書』,「社会保障制度と生活者の健康①」「社会保障制度と生活者の健康②」  33-42,196-197頁 (単著) 2006/04 61. 著書  『Ⅲ.看護に必要な人体の構造と機能および健康障害と回復についての基礎知識を問う』,「1.生命活動―人体の構造と機能―神経細胞と情報伝達」  99-110頁  2005/07 62. 著書  『第99回再現医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇 99th National Board 2002』,「一般総論D」  104-109頁 (単著) 2005/06 63. 著書  『第98回再現医師国家試験問題解説書・一般/臨床篇 98th National Board 2002』「G一般総論」「H一般各論」  308-311,404-404,452-452頁 (共著) 2004/06 64. 著書  コラム「医療情報の特殊性」「旅行者下痢症」「第6次改訂日本人の栄養所要量」「旅行者血栓症(いわゆるエコノミークラス症候群)」「シュックビル(シックハウス)症候群」「毒蛇に注意」  83-83,103-103,106-106,115-115,253-253頁 (共著) 2004/04 65. 著書  Ⅲ.看護に必要な人体の構造と機能および健康障害と回復についての基礎知識を問う』「1.生命活動―人体の構造と機能―神経細胞と情報伝達」  100-109頁  2004/01 66. 著書  「社会保障制度と生活者の健康①」「社会保障制度と生活者の健康②」  33-42,196-198頁 (共著) 2004 67. 著書  「第23章心電図検査」  242-258頁 (単著) 2003/12 68. 著書  Ⅲ.看護に必要な人体の構造と機能および健康障害と回復についての基礎知識を問う』,「1.生命活動―人体の構造と機能―神経細胞と情報伝達」  79-86頁  2003/09 69. 著書  1章人体の構造・機能と疾患(成人看護学)』「1.神経系の構造と薬理学」  1-12頁 (共著) 2001/11 70. 論文  A Study on Variational Autoencoder to Extract Characteristic Patterns from Electroencephalograms and Electrogastrograms. HCI International 2023 – Late Breaking Papers pp.168-178 (共著) 2023/11 71. 論文  A Study to Evaluate Training Systems for Reducing Sensory Conflict Using Virtual Reality. ICCSE 2022: Computer Science and Education pp.374-384 (共著) 2023/05 72. 論文  本学教職員の新型コロナウイルス感染症に対する意識と行動の実態調査 新型コロナウイルス恐怖尺度を用いて CAMPUS HEALTH 60(1),315-317頁 (共著) 2023/03 73. 論文  A Study for Statistical Machine Learning to Classify Radial Motions. Forma 37,pp.S17-S27 (共著) 2022/10 74. 論文  Development and Evaluation of Training System for Reducing Sensory Discrepancies Using VR. Proc. IEEE ICCSE 2022 pp.169-173 (共著) 2022/08 75. 論文  Forma将来検討委員会から 形の科学会誌 36(2),98-98頁 (共著) 2022/04 76. 論文  大学生の新型コロナウィルス感染症対策に関する意識と行動. CAMPUS HEALTH 59(1),306-307頁 (共著) 2022/03 77. 論文  新型コロナウィルスが大学生に及ぼす心理的影響について. CAMPUS HEALTH 59(1),87-89頁 (共著) 2022/03 78. 論文  ARを利用した感覚不一致を逓減させるトレーニングシステムの開発およびその評価. デサントスポーツ科学 43,62-70頁 (共著) 2022 79. 論文  HIV/AIDS・性教育に関する普及啓発イベントの試み(第2報) CAMPUS HEALTH 58(1),195-197頁 (共著) 2021/03 80. 論文  本学教職員の睡眠に関する実態調査. CAMPUS HEALTH 58(2),240-247頁 (共著) 2021/03 81. 論文  女性教職員における睡眠実態に関する調査 三次元型睡眠尺度を用いて. CAMPUS HEALTH 57(1),166-168頁 (共著) 2020/03 82. 論文  性教育に対する普及啓発イベントの試みと学生の反応について. CAMPUS HEALTH 56(1),187-189頁 (共著) 2019/03 83. 論文  学生食堂を利用した生活習慣病予防教育の試み CAMPUS HEALTH 55(1),124-126頁 (共著) 2018/01 84. 論文  インターネット依存の大学在学中の発症に影響を及ぼす因子に関する検討. CAMPUS HEALTH 54(1),365-365頁 (共著) 2017/03 85. 論文  大学生おける健康度を評価する取り組みについて CAMPUS HEALTH 54(1),230-231頁 (共著) 2017/03 86. 論文  Prefatory Note: Forms in Economics and Business Administration.  S1頁 (共著) 2016/11 87. 論文  Special Issue: Forms in Economics and Business Administration Forma 31,pp.S1-S58 (共著) 2016/11 88. 論文  大学新入生における薬物使用リスクに関する研究 CAMPUS HEALTH 259-261頁 (共著) 2016/03 89. 論文  第83回日本衛生学術総会(金沢)でのミニシンポジウム「映像技術と衛生学」に関連したミニ特集について 日衛誌 71(1),1-1頁 (共著) 2016/01 90. 論文  バイオフィードバックトレーニングが脳血流分布に与える影響. デサントスポーツ科学 78-89頁 (共著) 2015/06 91. 論文  大学生の進級失敗リスクとインターネット依存. CAMPUS HEALTH 356-358頁 (共著) 2015/03 92. 論文  Study of Surface Electromyography and Its Indices to Evaluate Muscular Control. Forma 29(Special Issue),pp.S29-S36 (共著) 2014/04 93. 論文  大学生におけるインターネット依存と学年ならびに日常生活状況の関連性に関する調査. CAMPUS HEALTH 195-197頁 (共著) 2014/03 94. 論文  大学生のインターネット依存と疲労自覚症状に関する実態調査 CAMPUS HEALTH 125-130頁 (共著) 2013/05 95. 論文  New Directions in the Use of a Sensor Output Signal Evaluation System for Biofeedback Training. Proceedings of World Automation Congress (WAC) 2012 pp.555-560 (共著) 2012/06 96. 論文  特集〈東日本大震災と大学〉被災地よりの報告-青山学院大学の取り組みについて- CAMPUS HEALTH 95-101頁 (共著) 2012/03 97. 論文  学生定期健康診断受診率と生活習慣,健康状態および健康診断に対する意識の関係 CAMPUS HEALTH 253-255頁 (共著) 2012/01 98. 論文  大学生における片頭痛の実態と治療行動(第3報) CAMPUS HEALTH 511-513頁 (共著) 2011/02 99. 論文  麻疹への注意喚起文書と学生の反応 麻疹アンケート2008&2009相模原 CAMPUS HEALTH 48(1),270-272頁 (共著) 2011/02 100. 論文  「胃電図の衛生学への応用にむけて」 『日本衛生学雑誌』 66(1),54-63頁 (共著) 2011/01 101. 論文  「模擬微少重力暴露後の骨代謝デコンディショニングに対する対抗措置の有効性」 『Space Utiliz Res』 26,122-124頁 (共著) 2010/03 102. 論文  「大学生における片頭痛の実態と治療行動(第2報)」 CAMPUS HEALTH 225-227頁 (共著) 2010/02 103. 論文  「大学職員における頭痛の実態および就業との関係」 CAMPUS HEALTH 127-129頁 (共著) 2010/02 104. 論文  "Evaluating indices of age-related muscle performance by using surface electromyography” Proceedings of 31st Annual International Conference of the IEEE EMBS pp.6271-6275 (共著) 2009/09 105. 論文  Changes in prevalence of subjective fatigue during 14-day 6° head-down bed rest Acta Astronautica 64,1298-1303頁 (共著) 2009/06 106. 論文  「対抗措置ワーキンググループ:模擬微小重力曝露に伴う起立耐性低下対抗措置の耐Gスコアによる評価」 『Space Utiliz Res』 25,211-213頁 (共著) 2009/03 107. 論文  「模擬微小重力暴露に伴う心循環系デコンディショニングに対する人工重力および運動負荷の有効性」 『Space Utiliz Res』 25,108-110頁 (共著) 2009/03 108. 論文  「大学生における片頭痛の実態と治療行動」 CAMPUS HEALTH 225-227頁 (共著) 2009/02 109. 論文  「麻疹への注意喚起に対する学生の対応と麻疹の流行予防 青山学院大学相模原キャンパス」 CAMPUS HEALTH 261-263頁 (共著) 2009/02 110. 論文  A simulated study of the deterioration in the equilibrium function with advancing age. 『Bulletin of Gifu University of Medical Science』 3,109-117頁 (共著) 2009 111. 論文  「20日間の-6°ヘッドダウンベッドレスト後の起立耐性に対する人工重力および運動負荷の有効性」 『Space Utiliz Res』 24,271-272頁 (共著) 2008/03 112. 論文  「微小重力暴露により生ずる体液移動と筋萎縮の関係と対抗措置の有効性」 『Space Utiliz Res』 24,278-280頁 (共著) 2008/03 113. 論文  "Effects of Galvanic Vestibular Stimulation on Statokinesigrams of the Elderly" Gerontechnology 329-329頁 (共著) 2008 114. 論文  「段階的重力負荷が前庭小脳系に及ぼす影響(第2報)」 岐阜医療科学大学紀要 2,123-126頁 (共著) 2008 115. 論文  「機能的近赤外分光(fNIRS)装置を用いた列車運転時の高次脳機能計測」 『人間工学』(日本人間工学会) 193-200頁 (共著) 2007/08 116. 論文  「機能的近赤外分光装置(fNIRS)を用いた作業負荷時の高次脳機能計測」 『自動車技術会学術講演会前刷集』Proceedings 19-22頁 (共著) 2007/05 117. 論文  「表面筋電図を用いた筋パフォーマンスの評価指標とその経年変化」 『岐阜医療科学大学紀要』 1 (共著) 2007/03 118. 論文  「受動起立過程における動的脳血流自働能変遷の数理学的検討」 情報処理学会誌『数理モデル化と応用』 Vol.47(No.SIG20(TOM16)),17-27頁 (共著) 2007/02 119. 論文  Quantitative evaluation of stability in surface electromyography for perineal muscle during biofeedback training. Clinical Neurophysiology 117,pp.S280-S280 (共著) 2006 120. 論文  「バイオフィードバックトレーニング時における教師信号の振幅設定に関する理論的考察」 Prceedings of the 21st Symposium on Biological and Physiological Engineering 463-466頁 (共著) 2006 121. 論文  「ベッドレストによる宇宙飛行デコンディショニングに対する人工重力の重要性」 Space Utiliz Res 22,192-195頁 (共著) 2006 122. 論文  「一定濃度の呼気中アルコールがタスク・パフォーマンスに及ぼす影響」 『人間工学』 337-342頁 (共著) 2006 123. 論文  「大腿直筋々電図の数理解析とその経年変化」 『人間工学』 42(S),444-445頁 (共著) 2006 124. 論文  「機能的近赤外分光法による列車運転時の脳機能計測」 『自動車技術』 81-86頁 (共著) 2006 125. 論文  「段階的受動起立時の動的脳血流自動調節作用の変容」 Neurosonology 17-24頁 (共著) 2006 126. 論文  「表面筋電図を用いた筋パフォーマンスの評価指標とその安定性」 Prceedings of the 21st Symposium on Biological and Physiological Engineering 467-468頁 (共著) 2006 127. 論文  「表面筋電図を用いた筋パフォーマンス評価―新たな数理アルゴリズムの紹介―」 『人間工学』 42(S),440-441頁 (共著) 2006 128. 論文  "Alterrations of static cerebral and systolic circulations in normal humans during 14-days head-down bed rest" Med Sci Monit CR570-CR575頁 (共著) 2005/11 129. 論文  "Transient changes in autonomic cardiovascular function during a 4.1 MPa He-02 saturation dive" Jp J Aerospace Envon Med 11-20頁 (共著) 2005/05 130. 論文  "A study of how much gravitational load people are experiencing on earth; a questionaire taken Japanese young adult females" Prceedings of the 56th International Astronautical Congress 2pages on CD-ROM頁 (共著) 2005 131. 論文  "Decomposition and reconstruction of functional near-infrared spectroscopy(fNIRS) signal using Wavelet transform(Observation of activation on Broca' s area by linguistic experiment)" Proceedings of the 4th International Conference on Wavelet Analysis and Its Applications 7pages on CD-ROM頁 (共著) 2005 132. 論文  "Diagnosis of decay in righting reflex with advancing age" Gerontechnology 234-234頁 (共著) 2005 133. 論文  "Effect of artificial gravity with exercise load by using a short-arm centrifuge with bicycle ergometer as a countermeasure against disused ostoporosis" J Gravit Physiol P15-P16頁 (共著) 2005 134. 論文  "Hypergravity exercise against bed rest induced changes in cardiac autonomic control" Eur J Appl Physiol 285-291頁 (共著) 2005 135. 論文  "Measurement of train driver's brain activity by functional near-infraerd spectroscopy(fNIRS)" Opt Quant Electron(OQE, Springer) 37,pp.1319-1338 (共著) 2005 136. 論文  「人工重力プロジェクトの概要―国際人工重力プロジェクトへの参加―」 Space Utiliz Res 21,253-257頁 (共著) 2005 137. 論文  「医療事故と損害賠償:米国のリスクマネジメントの過去・現在・未来―ハーバード大学リスクマネジメント財団の例から―」 『賠償科学』 32,7-23頁 (共著) 2005 138. 論文  「機能的近赤外分光による脳機能計測と信号処理に関する一考察」 Advanty 2005-ⅠⅠシンポジウム論文集 81-84頁 (共著) 2005 139. 論文  "Effect of centrifuge-induced artificial gravity and ergometric exercise on cardiovascular deconditioning,myatrophy,and osteoporosis induced by a -6 degrees head-down bedrest" J Gravit Physiol P243-P244頁 (共著) 2004/07 140. 論文  「自動車運転中の脳血流変動測定法の開発」 『自動車技術』(自動車技術会) 40-45頁 (単著) 2004/07 141. 論文  "Bed rest attenuates sympathetic and pressor responses to isometric exercise in antigravity leg muscles in humans" Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol R844-R850頁 (共著) 2004 142. 論文  "Effectiveness of centrifuge-induced artificial gravity with ergometric exercise as a countermeasure during simulated microgravity exposure in humans" Environ Med 47,76-80頁 (共著) 2004 143. 論文  "Measurement of train driver's brain activity by functional near-infrared spectroscopy(fNIRS)" Proceedings of the Second Asain and Pacific Rim Symposium on Biophotonics (Proceedings of APBP) 2,46-47頁 (共著) 2004 144. 論文  "Near-infrared spectroscopic measurement of brain activity for syntactic processing" Proceedings of the Second Asain and Pacific Rim Symposium on Biophotonics(Proceedings of APBP) 2,50-51頁 (共著) 2004 145. 論文  「プロスダグランディンE1とニトログリセリンによる低血圧麻酔の動的脳血流自働調節能に与える影響の比較」 『麻酔』 53,376-384頁 (共著) 2004 146. 論文  「人間―機械系評価用列車運転シミュレータの開発」 『日本機械学会論文集』 (7),375-376頁 (共著) 2004 147. 論文  「人間―機械系評価用列車運転シミュレータの開発と脳機能計測への適用」 第13回交通・物流部門大会講演論文集 04-53,13-18頁 (共著) 2004 148. 論文  「制動脳でみる重心動揺検査」 日本人間工学会東海支部2004年研究会論文集 72-73頁 (共著) 2004 149. 論文  「成熟ラットにおける2.5G環境での行動についての検討」 宇宙航空環境医学 47-55頁 (共著) 2004 150. 論文  「日本脳神経超音波学会微小栓子シグナル(HITS/MES)検出カイドライン(案)2003」 Neurosonology 168-170頁 (共著) 2004 151. 論文  「時間差分時系列のWaylandテストを併用した時系列における決定論性の評価」 『形の科学会誌』 301-310頁 (共著) 2004 152. 論文  「近赤外線分光法(NIRS)を用いた列車運転士の脳機能計測」 『信頼性』 26,617-626頁 (共著) 2004 153. 論文  「長期臥床後の自律神経応答―微小重力曝露が心拍変動に及ぼす影響とその対抗措置」 『人間工学』(日本人間工学会) 40(S),426-427頁 (共著) 2004 154. 論文  "Changes in bone turnover markers during 14-days 6°head-down bed rest" J Bone Miner Metab 21,311-315頁 (共著) 2003 155. 論文  「セボフルラン麻酔と全静脈麻酔の動的脳血流自動調節能に与える影響」 『麻酔』 370-377頁 (共著) 2003 156. 論文  「プロスタグランディンE1による低血圧麻酔の動的脳血流自動調節能に与える影響」 『臨床麻酔』 1265-1271頁 (共著) 2003 157. 論文  「成熟ラットを過重力環境に週間曝露した際の体重の適応について」 『日大医学雑誌』 62,165-169頁 (共著) 2003 158. 論文  「VRを用いた視覚刺激による動揺病様症状発症時の自律神経機能」 『人間工学』(日本人間工学会) 38(S),300-301頁 (共著) 2002 159. 論文  「スキー競技クロスカントリー:自立神経機能からみた強化指定選手の高地への適応について JOC高地トレーニング医・科学サポート第11報」 『平成13年度日本オリンピック委員会スポーツ医・科学研究報告』 23-30頁 (共著) 2002 160. 論文  「バイリンガルテキスト兼ビデオを用いた医療受給者および供給者向け双方向型学習システム制作の試み」 『人間工学』(日本人間工学会) 38(S),436-437頁 (共著) 2002 161. 論文  「脳循環パラメータの測定再現法とその応用」 『人間工学』(日本人間工学会) 37(S),334-335頁 (共著) 2001 162. 論文  「自動車運転中における脳血流速度検討法の開発」 『人間工学』 37(S),468-469頁 (共著) 2001 163. 論文  「ヒト脳血流自動調節機能に対する重力負荷の影響」 『日大医学雑誌』 59,476-483頁 (共著) 2000 164. 論文  「運動負荷による循環生理学的影響は運動回復期心電図R-R間隔変動の周波数解析により評価可能か」 『日大医学雑誌』 470-477頁 (共著) 2000 165. 論文  「米国医療におけるWorld Wide Webの活用法」 『Munthly Announcement』(東京慈恵会医科大学医学情報センター編)(東京慈恵会医科大学) 30,1-6頁 (単著) 1998 166. 論文  "A potential of Virtual Healthcare System with World Wide Web component-based multimedia computer network system" 『上原記念生命科学財団研究報告集』 11,24-29頁 (単著) 1997 167. 論文  「消化管手術後、経口摂取開始早期に発症したWernicke脳症の2症例」 『臨床外科』 51,393-398頁 (共著) 1996 168. 論文  「急性散在性脳脊髄炎の一例―その経過とCT,MRI,キセノンCT所見―」 『CI研究』 17,419-424頁 (共著) 1995/04 169. 論文  「潰瘍性大腸炎で結腸亜全摘後,経口摂取中にも拘らず発症したWernicke脳症の1例」 『臨床神経学』 35(2),169-174頁 (共著) 1995/02 170. その他 『ロバートソン自律神経学』第11章~第24章,(原文:Primer on the Autonomic Nervous System. 2nd Edition. Edited by David Robertson, Phillip A. Low, Ronald J. Polinsky. Elsevir. 2005) エルセビア・ジャパン 53-103頁 (単著) 2007/06 171. その他 海外旅行と感染性下痢. 青山学報(青山学院本部広報室)  (単著) 2007 172. その他 医療と情報システム. 青山学報(青山学院本部広報室) 26-27頁 (単著) 2003 5件表示 全件表示(172件) ■ 研究業績(招待講演) 1. 2010/05/11 (シンポジウム)胃電図の展開―胃電図を用いた生体評価に基づく労務管理―(仙台国際センター) 2. 2006/05/27 重心動揺計を用いた液晶ディスプレイの評価(名古屋大学VBLホール) 3. 2006/04/19 (教育講演)初級編・TCD(経頭蓋ドプラ(TCD)を用いた脳血流モニタリング(盛岡岩手県民会館) 4. 2005/10/11 (シンポジウム講演)受動起立過程における動的脳血流自働能変遷の数理学的検討(名古屋大学野依記念学術交流館) 5. 2003/11/14 模擬微小重力環境曝露由来の不動性骨粗鬆症とその対抗措置―自転車エルゴメーター付き短腕遠心機を用いた間歇的人工重力の有用性の検討 ■ 研究業績(学会発表) 1. 2023/10/04 新型コロナウイルス感染症流行下の大学生の生活習慣とBMIの変化(第61回全国大学保健管理研究集会) 2. 2023/10/04 睡眠状況の変化がBMIに及ぼす影響について(第61回全国大学保健管理研究集会) 3. 2023/07/23 A Study on Variational Autoencoder to Extract Characteristic Patterns from Electroencephalograms and Electrogastrograms(25th International Conference on Human-Computer Interaction, HCI International 2023) 4. 2022/10/19 COVID-19に対する意識と行動の調査 新型コロナウィルス恐怖尺度を用いて.(第60回全国大学保健管理研究集会) 5. 2022/08/20 Development and Evaluation of Training System for Reducing Sensory Discrepancies Using VR.(IEEE ICCSE 2022) 6. 2021/10/06 大学生の新型コロナウイルス感染症対策に関する意識と行動(第59回全国大学保健管理研究集会) 7. 2021/10/06 新型コロナウイルスが大学生に及ぼす心理的影響について(第59回全国大学保健管理研究集会) 8. 2020/11/25 HIV/AIDS・性教育に関する普及啓発イベントの試み(第2報)(第58回全国大学保健管理研究集会) 9. 2020/11/25 本学教職員の睡眠に関する実態調査(第58回全国大学保健管理研究集会) 10. 2019/10/09 女性教職員における睡眠実態に関する調査 三次元型睡眠尺度を用いて(第57回全国大学保健管理研究集会) 11. 2018/09 性教育に対する普及啓発イベントの試みと学生の反応について(第56回全国大学保健管理研究集会) 12. 2017/11 学生食堂を利用した生活習慣病予防教育の試み(第55回全国大学保健管理研究集会) 13. 2016/10/07 大学生における健康度を評価する取り組みについて.(第54回全国大学保健管理研究集会) 14. 2016/10/05 インターネット依存の大学在学中の発症に影響を及ぼす因子に関する検討.(第54回全国大学保健管理研究集会) 15. 2015/09/10 大学新入生における薬物使用リスクに関する研究(第53回全国大学保健管理研究集会) 16. 2014/09/04 大学生の進級失敗リスクとインターネット依存(第52回全国大学保健管理研究集会) 17. 2013/11/16 大学の授業を活用した偏頭痛学生へのアプローチ(第41回日本頭痛学会総会) 18. 2013/11/15 Naratriptanによる群発頭痛の就寝後頭痛発作予防に関 する研究ー第2報ー(第41回日本頭痛学会総会) 19. 2013/11/14 大学生におけるインターネット依存と学年並びに日常生活状況の関連性に関する調査(第51回全国大学保健管理研究集会) 20. 2012/10/18 大学生のインターネット依存と疲労自覚症状に関する実態調査(第50回全国大学保健管理研究集会) 21. 2011/11/25 Naratriptanによる群発頭痛の就寝後頭痛発作予防に関する研究(第39回日本頭痛学会総会(共同)) 22. 2011/11/07 Evaluation of Physical Properties of a Display of A Personal Digital Assistant for Viewing Medical Images on EMR.(5th China Medical Biotech Forum(共同)) 23. 2010/10/21 大学生における片頭痛の実態と治療行動第3報(第48回全国大学保健管理研究集会(共同)) 24. 2010/10/21 麻疹への注意喚起文書と学生の反応~麻疹アンケート2008 & 2009相模原~(第48回全国大学保健管理研究集会(共同)) 25. 2010/10 学生定期健康診断受診率と生活習慣、健康状態および健康診断に対する意識の関係(第48回全国大学保健管理研究集会(共同)) 26. 2010/01/25 模擬微少重力暴露後の骨代謝デコンディショニングに対する対抗措置の有効性(第26回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会,共催: 宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究本部)(共同)) 27. 2009/11/12 模擬微小重力暴露後に生ずる骨代謝デコンディショニングに対する対抗措置の効果(第55回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 28. 2009/09/17 大学生における片頭痛の実態と治療行動 第2報(第47回全国大学保健管理研究集会(共同)) 29. 2009/09/17 大学職員における頭痛の実態および就業との関係(第47回全国大学保健管理研究集会(共同)) 30. 2009/09/02 Evaluating indices of age-related muscle performance by using surface electro- myography(31th Annual international conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (IEEE EMBC 2009)(共同)) 31. 2009/08/01 Effectiveness of artificial gravity and ergometric exercise as a countermeasure comparison between everyday and every other day protocols(International Union of Physiological Sciences (IUPS) 2009(共同)) 32. 2009/01/15 『対抗措置ワーキンググループ』:対抗措置としての人工重力・運動ステップアップ負荷が模擬微小重力暴露後の宇宙デコンディショニングにおよぼす効果(第25回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 33. 2009/01/15 対抗措置ワーキンググループ:模擬微小重力曝露に伴う起立耐性低下対抗措置の耐Gスコアによる評価(第25回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 34. 2009/01/15 模擬微小重力暴露に伴う心循環系デコンディショニングに対する人工重力および運動負荷の有効性(第25回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 35. 2008/12/06 20日間の模擬微小重力暴露による起立耐性低下に対する対抗措置としての人工重力負荷と運動負荷の効果(第36回自律神経生理研究会(共同)) 36. 2008/11/14 トリプタン自己注射に関する片頭痛・群発頭痛患者の意識調査(第36回日本頭痛学会総会(共同)) 37. 2008/11/14 模擬微小重力暴露後により生ずる体液移動への対抗措置の効果(第54回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 38. 2008/11/14 連日の人工重力負荷と運動負荷は模擬微小重力暴露後の起立耐性低下の対抗措置として有効である(第54回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 39. 2008/10/30 大学生における片頭痛の実態と治療行動(第46回全国大学保健管理研究集会(共同)) 40. 2008/10/30 麻疹への注意喚起に対する学生の対応と麻疹の流行予防(第46回全国大学保健管理研究集会(共同)) 41. 2008/10/17 模擬微小重力曝露による宇宙デコンディショニングに対する人工重力および運動負荷による対抗措置の効果(第55回中部日本生理学会(共同)) 42. 2008/06/26 Centrifuge-induced artificial gravity with ergometric exercise prevents the fluid shift and myatorophy by simulated microgravity with bed rest.(The 29th Annual International Gravitational Physiology Meeting(共同)) 43. 2008/06/25 Effectiveness of artificial gravity and ergometric exercise as a countermeasure / comparison between everyday and every other day protocols.(The 29th Annual International Gravitational Physiology Meeting(共同)) 44. 2008/06/04 Effects of Galvanic Vestibular Stimulation on Statokinesigrams of the Elderly.(6th Conference of the International Society for Gerontechnology (ISG08).(共同)) 45. 2008/03/25 20日間の模擬微小重力曝露後の血圧調節におよぼす心拍出量および筋交感神経活動の寄与率(第85回日本生理学会大会) 46. 2008/03/25 人工重力と運動が-6°ヘッドダウンベッドレストに伴う宇宙コンディショニングに及ぼす影響.(第85回日本生理学会大会) 47. 2008/03/25 微小重力曝露により生ずる液体移動と筋萎縮の関係と対抗措置の有効性(第85回日本生理学会大会) 48. 2008/01/17 20日間の-6°ヘッドダウンベッドレスト後の起立耐性に対する人工重力および運動負荷の有効性(第24回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 49. 2008/01/17 人工重力と運動負荷による対抗措置は,ステップアップ法により宇宙デコンディショニングを予防する(第24回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 50. 2008/01/17 微小重力暴露により生ずる体液移動と筋萎縮の関係と対抗措置の有効性(第24回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 51. 2007/11/08 20日間-6°ヘッドダウンベッドレストに伴う宇宙飛行デコンディショニングに対する人工重力および運動負荷の対抗措置としての有効性(第53回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 52. 2007/11/08 段階的重力負荷が前庭小脳系に及ぼす影響(第2報)(第53回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 53. 2007/10/19 20 日間の-6°head-down bed rest による宇宙デコンディショニングに対する対抗措置としての人工重力負荷と運動負荷の有効性(第54 回中部日本生理学会・第100 回近畿生理学談話会合同大会(共同)) 54. 2007/06/15 Galvanic Vestibular Stimulationの印加がポテンシャルの形に及ぼす影響(第63回形の科学シンポジウム―都市・地域解析と形の科学(共同)) 55. 2007/06/02 加齢による平衡機能の低下はGalvanic Vestibular Stimulationにて模擬できるか(日本人間工学会第48回大会(共同)) 56. 2007/05/25 機能的近赤外分光装置(fNIRS)を用いた作業負荷時の高次脳機能計測(自動車技術会2007年春季大会(共同)) 57. 2007/04/10 Effectiveness of artificial gravity and ergometric exercise as a countermeasure against spaceflight reconditioning caused by simulated microgravity of -6°head down bedrest for 20 days(The 28th Annual International Gravitational Physiology Meeting) 58. 2007/03/25 20日間連続臥床中の人工遠心とエクササイズ負荷の有無による疲労関連自覚症状の発現状況(第77回日本衛生学会総会) 59. 2007/01/15 20日間-6°ヘッドダウンベッドレストに伴う宇宙飛行デコンディショニングに対する人工重力および運動負荷の対抗措置としての有効性(第23回宇宙利用シンポジウム(主催: 日本学術会議・総合工学委員会)(共同)) 60. 2006/12/13 列車運転時の高次脳機能計測に関する研究(日本機械学会 第15回交通・物流部門大会TRANSLOG2006/第13回鉄道技術連合シンポジウムJ-Rail2006.(共同)) 61. 2006/12/01 身長計測に及ぼす姿勢づくりの影響(第61回日本体力医学会大会) 62. 2006/11/20 人工重力および運動負荷の心循環系デコンディショニング、筋萎縮、骨代謝に対する影響(第52回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 63. 2006/11/17 バイオフィードバックトレ-ニング時における教師信号の振幅設定に関する理論的考察(第21回生体・生理工学シンポジウム(共同)) 64. 2006/11/17 表面筋電図を用いた筋パフォーマンスの評価指標とその安定性(第21回生体・生理工学シンポジウム(共同)) 65. 2006/11 20日間のヘッドダウンベッドレストにおける人工遠心とエルゴメータ負荷の有無による疲労関連自覚症状の差異について(第52回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 66. 2006/11 20日間のヘッドダウンベッドレスト時の発汗活動および体温調節応答(第52回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 67. 2006/11 段階的重力負荷が前庭小脳系に及ぼす影響(第52回日本宇宙航空環境医学会大会(共同)) 68. 2006/10 路上生活者と精神状態(気分)との関連―Profile of Mood States(POMS)による調査と検討―(第65回日本公衆衛生学会総会(共同)) 69. 2006/09/29 人工重力および運動負荷の心循環系デコンディショニング、筋萎縮、骨代謝に対する影響(日本宇宙生物科学会第20回大会(共同)) 70. 2006/09/28 路上生活者のアルコール飲酒・気分障害・不眠に関する実態調査と検討(第18回日本アルコール精神医学会,第9回ニコチン・薬物依存研究フォーラム平成18年度合同学術総会(共同)) 71. 2006/09/27 近赤外光イメージングを用いた運転時の脳機能計測(自動車技術会2006年秋季大会(共同)) 72. 2006/09 Evaluation of effect of biofeedback training for prevention against stress urinary incontinence using mathematical index of surface electromyography(The 28th Interbnational Congress of Clinical Neurophysiology(共同)) 73. 2006/09 Quantitative evaluation of stabillity in surface electromyography for perineal muscle during biofeedback training(The 28th Interbnational Congress of Clinical Neurophysiology(共同)) 74. 2006/06/11 大腿筋々電図の数理解析とその経年変化(日本人間工学会第47回大会(共同)) 75. 2006/06/11 表面筋電図を用いた筋パフォーマンス評価―新たな数理アルゴリズムの紹介―(日本人間工学会第47回大会(共同)) 76. 2006/05/27 重心動揺計を用いた液晶ディスプレイの評価(第61回形の科学シンポジウム『科学技術における形と数理モデル』(共同)) 77. 2006/05 Evaluation of stabillity in surface electromyography for skeletal muscles during biofeedback training(The 17th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health(共同)) 78. 2006/05 Quantitative evaluation of biofeedbacktraining for stress urinary incontinence by using surface electromyography(The 17th Korea-Japan-China Joint Conference on Occupational Health(共同)) 79. 2006/04/19 TCD初級編・経頭蓋ドプラ(TCD)を用いた脳血流モニタリング(第25回日本脳神経超音波学会(単独)) 80. 2006/04 Effect of 14-days head-down bed rest on dynamic cereblral autoregulation is little in standing position(The 27th Annual International Gravitational Physiology Meeting(共同)) 81. 2006/03/28 重心動揺検査によるメニエル病の早期診断に関する検討2(第76回日本衛生学会総会(共同)) 82. 2006/03/27 20日間の微小重力曝露による膀胱容量の変化(第76回日本衛生学会総会(共同)) 83. 2006/03/27 一定のアルコール濃度の飲酒が身体動揺に及ぼす影響(第76回日本衛生学会総会(共同)) 84. 2006/03/27 過重力負荷が宇宙飛行中の脳血流動態に与える影響(第76回日本衛生学会総会(共同)) 85. 2006/01 ベッドレストによる宇宙飛行デコンディショニングに対する人工重力の重要性―人工重力プロジェクトへの参加―(第22回宇宙利用シンポジウム(共同)) 86. 2006/01 生理計測による列車運転士の状態評価に関する研究(第12回鉄道技術政策連合シンポジウム(共同)) 87. 2005/12 A proposal of a new concept of cerebral autoregulation by using mathematical experssions(International Symposium on Frontiers of Computational Science2005(共同)) 88. 2005/12 Applications of double-Wayland algolism to detect anomalous signals(International Symposium on Frontiers of Computational Science2005(共同)) 89. 2005/12 機能的赤外分光法による脳機能計測と信号処理に関する一考察(ADVANTY2005-Ⅱシンポジウム(共同)) 90. 2005/11/12 14日間のベッドレストにおける疲労関連自覚症の状態推移(第51回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 91. 2005/11/12 ベッドレスト中の遠心負荷およびエクササイズが心理的ストレスないしパフォーマンスに及ぼす影響(第51回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 92. 2005/11 Decomposition and reconstruction of functional near-infrared spectroscopy(fNIRS) signal using Wavelet transform(The 4th International Conference on Wavelet Analysis and Its Applications(WAA)(共同)) 93. 2005/10/11 受動起立過程における動的脳血流自動能変遷の数理学的検討(情報処理学会シンポジウムシリーズ・FCS/テクノシンポ名大/MPSシンポジウム2005・計算科学シンポジウム.) 94. 2005/10 A study of how much gravitational load people are experiencing on earth(The 56th International Astronautical Congress(共同)) 95. 2005/10 皮膚圧迫による胃電図の変化(第58回日本自律神経学会(共同)) 96. 2005/09 Can physical fatigue in muscle be reconvered by counter flow?(The 6th Meeting of International Conference of Water Immersion(共同)) 97. 2005/09 Measurement of train driver's brain activity by functional near-infrared spectroscopy(fNIRS)(The 5th International Workshop on Biosignal Interpretation(共同)) 98. 2005/09 Static regulation of cerebral and systemic circulation during 14 days of 6°head-down bed rest(The 6th Meeting of International Conference of Water Immersion(共同)) 99. 2005/09 Subjective fatigue-related symptoms in young healthy humans during 14 days of 6° head-down bed rest(The 6th Meeting of International Conference of Water Immersion(共同)) 100. 2005/09 Transient responses of cardiovascular autonomic regulatory system during and after 14days of 6° head-down bed rest(The 6th Meeting of International Conference of Water Immersion(共同)) 101. 2005/09 体脂肪率よりみたトレーニング効果―ピラティスおよびパワーヨガの負荷効果(第60回日本体力医学会大会(共同)) 102. 2005/07 A Trial on Mathematical Comparison with Electromyograhpy for Perineal Muscles in the Incontinent(The 11th International Conference on Human-Computer Interaction(共同)) 103. 2005/07 Development of a biofeedback training method for prevention against stress urinary incontinence(The 11th International Conference on Human-Computer Interaction(共同)) 104. 2005/07 Evaluation of Relaxation Treatment fot Computer Work Stress(The 11th International Conference on Human-Computer Interaction(共同)) 105. 2005/07 立位における動的脳血流自働能は宇宙滞在後でも殆ど変化しない(第24回日本脳神経超音波学会(共同)) 106. 2005/06/02 パ-キンソン病患者におけるDeep brain stimulation治療前後の自律神経機能評価(日本麻酔科学会第52回学術集会) 107. 2005/06 Effect of artificial gravity with exercise load by using a short-arm centrifuge with bicycle ergometer as a countermeasure against disused osteoporosis(European Space Agency(ESA),International Society of Gravitational Physiology(ISGP),Joint Life Science Conference 'Life in Space for Life on Earth'(ESA/ISGP Life Science Symposium 2005)(共同)) 108. 2005/06 異なる材料による足底部接触時の交感神経反応(第20回ニューログラム研究会(共同)) 109. 2005/05 Diagnosis of decay in righting reflex with advancing age(The 5th International Conference on Gerontechnology(共同)) 110. 2005/05 Effect of centrifuge-induced artificial gravity and ergometric exercise on cardiovascular deconditioning,myatrophy,and osteoporosis induced by -6°head-down bedrest for 20 days(The 15th IAA Human in Space Sympojium(共同)) 111. 2005/05 句構造に注目した言語実験による脳活動の計測(第3回光脳機能イメージング研究会(共同)) 112. 2005/03 左右逆転めがね装着時に反復左右頭部回転の及ぼす重心動揺度への影響(第75回日本衛生学会総会(共同)) 113. 2005/03 微小栓子信号検出装置の開発経過報告(第75回日本衛生学会総会(共同)) 114. 2005/03 胃電図を用いた痙攣性便秘の余地・予防に関する検討(第75回日本衛生学会総会(共同)) 115. 2005/03 複数種の自律神経活動評価法のリラックス効果判定への応用(第75回日本衛生学会総会(共同)) 116. 2005/03 重心動揺検査によるメニエル病の早期診断に関する検討(第75回日本衛生学会総会(共同)) 117. 2005/01/12 人工重力プロジェクトの概要―国際人工重力プロジェクトへの参加―(第21回宇宙利用シンポジウム) 118. 2004/12 Measurement of train driver's brain activity by functional near-infrared spectroscopy(fNIRS)(The 2nd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics (APBP)(共同)) 119. 2004/12 Near-infraresd spectroscopic measurement of brain activity for syntactic processing(The 2nd Asian and Pacific Rim Symposium on Biophotonics (APBP)(共同)) 120. 2004/12 人間―機械系評価用列車運転士シミュレータの開発と脳機能計測への適用(第13回交通・物流部門大会(共同)) 121. 2004/12 近赤外分光法(NIRS)を用いた列車運転士の脳機能計測(第11回鉄道技術連合シンポジウム(共同)) 122. 2004/11/13 20日間6度下方傾斜ベッドレストによる重心動揺度の増加および回復の変化―非対抗措置群と対抗措置群の比較―(第50回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 123. 2004/11/13 2週間の過重力環境曝露が成熟ラットの体重増加に与える影響(第50回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 124. 2004/11/13 ベッドレストによって萎縮した抗重力筋では筋収縮時の血圧・交感神経活動増加が低下している(第50回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 125. 2004/11/13 微小重力曝露が下腿における虚血後反応性充血に及ぼす影響(第50回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 126. 2004/11/13 微小重力曝露期間における動的脳血流自働能強化の試み(第50回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 127. 2004/11/13 過重力環境下で14世代育成したマウスの迷走神経の組織学的変化(第50回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 128. 2004/11/13 遠心力による人工重力とエルゴメーターによる運動が宇宙デコンディショニング予防における寄与(第50回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 129. 2004/11 Wayland テストからみた時系列の複雑性(第58回形の科学会(共同)) 130. 2004/11 重心動揺はカオス過程により生成されるか(第63回日本めまい平衡医学会(共同)) 131. 2004/10/10 路上生活者の生活習慣病とストレスに関する聴き取り調査(第19回日本国際保健医療学会総会(共同)) 132. 2004/10 ホルター心電図を用いた糖尿病早期診断の検討(第57回日本自律神経学会総会(共同)) 133. 2004/10 制動能でみる重心動揺検査(日本人間工学会東海支部2004年研究大会(共同)) 134. 2004/09 Effectiveness of centrifuge-induced artificial gravity with ergometric exercise as a countermeasure during simulated microgravity exposure in humans(The 55th International Astronautical Congress(共同)) 135. 2004/06/11 微小電極法を用いた医学研究と教育(第57回形の科学会(共同)) 136. 2004/06/06 長期臥床後の自律神経応答―微小重力曝露が心拍変動に及ぼす影響とその対抗措置(日本人間工学会第45回大会(共同)) 137. 2004/06/03 段階的受動起立時の動的脳血流自動調節作用の変容(第23回日本脳神経超音波学会(共同)) 138. 2004/06 Acute exposure to hypoxia impairs dynamic cerebral autoregulation(The American College of Sports Medicine 51st Annual Meeting(共同)) 139. 2004/06 Decrease in vascular response to noradrenergic stimulation in the peripheral vessels due to the lack of shear stress is proposed as one of the causes of cardiovascular deconditioning after microgravity exposure(The 25th Annual International Gravitational Physiology Meeting(共同)) 140. 2004/06 Effect of artificial gravity and exercise load on cardiovascular deconditioning.myatrophy,and osteoporosis in young men before and after bed-rest(第81回日本生理学会大会(共同)) 141. 2004/06 Effect of centrifuge-induced artificial gravity and ergometric exercise on cardiovascular deconditioning,myatrophy,and pstepporosis induced by -6°dead-down bedrest for 20 days(The 25th Annual International Gravitational Physiology Meeting(共同)) 142. 2004/06 Effect of centrifuge-induced artificial gravity and ergometric exercise on cystic volume induced by -6°head-down bedrest for 20days(The 25th Annual International Gravitational Physiology Meeting(共同)) 143. 2004/03/25 不動性骨粗鬆症に対する予防措置としての人工的過重力負荷の効果(第74回日本衛生学会総会(単独)) 144. 2004/03/25 日常の生活が学生に及ぼす重心動揺度と疲労への影響(第74回日本衛生学会総会(共同)) 145. 2004/03/14 6°頭部下方傾斜での20日間にわたるベッドレスト期間中のストレスと心理状態の変化―遠心過重力と脚エルゴメーターの組合せ負荷の有無の影響(第454回日大医学会例会(共同)) 146. 2004/03/14 微小重力による立位の動的脳血流自働能悪化は間歇的過重力処方により予防可能か?(第454回日大医学会例会(共同)) 147. 2004/03/13 吸入麻酔薬と静脈麻酔薬が循環調節系に与える影響の比較(第454回日大医学会例会(共同)) 148. 2004/03/13 高濃度酸素が脳血流自動調節能に及ぼす影響(第454回日大医学会例会(共同)) 149. 2004/02/28 経頭蓋ドプラを用いた脳血流モニタリング(第9回関東甲信越神経脈管超音波研究会(単独)) 150. 2003/11/15 低酸素環境曝露の脳血流速度変動に与える影響(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 151. 2003/11/15 微小重力環境曝露由来の不動性骨粗鬆症への対抗措置―自転車エルゴメーター付き短腕遠心機を用いた間歇的人工重力負荷の有用性―(第49回宇宙航空環境医学会総会(共同)) 152. 2003/11/15 数段階の過重力環境がラットの心血管系機能に及ぼす影響の比較(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 153. 2003/11/15 過重力環境曝露による成熟ラットの腸管の組織学的変化についての検討(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 154. 2003/11/15 過重力負荷中の四足歩行動物における中心静脈圧の変化(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 155. 2003/11/15 遠心器人工重力は、微小重力曝露による心循環デコンディショニングに有効か?(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 156. 2003/11/14 14日間のベッドレスト中10日間遠心プラス運動負荷が全身の協調的運動制御機能に及ぼす影響(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 157. 2003/11/14 ラットの体重増加に2週間の過重力環境暴露が及ぼす影響(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 158. 2003/11/14 模擬微小重力環境曝露由来の不動性骨粗鬆症とその対抗措置―自転車エルゴメータ付き短腕遠心機を用いた間歇的人工重力負荷の有用性の検討―(第33回日本宇宙航空環境医学会総会(単独)) 159. 2003/11/14 過重力負荷時における骨格筋損傷と筋内NO生成との関連(第49回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 160. 2003/09/21 微小重力環境曝露由来の不動性骨粗鬆症への対応措置―短腕遠心機を用いた間歇的人工重力負荷の有用性(第59回日本体力医学会静岡大会(共同)) 161. 2003/09/20 左右逆転めがね使用による5分間歩行が重心動揺に及ぼす影響(第58回日本体力医学会大会(共同)) 162. 2003/05/30 プロスタグランディンE1とニトログリセリンによる低血圧麻酔の脳血流自動調節能に与える影響の比較(日本麻酔学会第50回学術集会(共同)) 163. 2003/05/10 微小重力曝露後デコンディショニングの人工重力負荷による予防―圧受容器反射機能低下、脱水に対して―(第448回日大医学会例会(共同)) 164. 2003/05/10 微小重力曝露後デコンデュショニングの人工重力負荷による予防―骨吸収促進に対して―(第448回日大医学会例会(共同)) 165. 2003/03/29 オホーツク海に定着する魚類における重金属蓄積量(第73回日本衛生学会総会(共同)) 166. 2003/03/29 心拍数と換気量からのエネルギー消費量推定に基づいた微小重力環境下でのタスク負担評価(第73回日本衛生学会総会(共同)) 167. 2003/03/29 高所トレーニング中の循環系コントロール機能の変化(第73回日本衛生学会総会(共同)) 168. 2003/03/27 14日間模擬微小重力曝露による立位における動的脳血流自動作用への影響(第73回日本衛生学会総会(共同)) 169. 2003/03/01 ベッドレスト状態が骨代謝に与える影響と人工重力による対抗措置効果(第127回日本体力医学会関東地方会) 170. 2003/03/01 過重力負荷による骨格筋の損傷と筋内NO生成との関係(第127回日本体力医学会関東地方会(共同)) 171. 2002/12/07 3時間6°ヘッドダウンベッドレスト安静からの段階的運動負荷時の心拍数と換気量によるエネルギー代謝量推定の試み(第126回日本体力医学会関東地方会(共同)) 172. 2002/12/07 成熟ラットを過重力環境に2週間曝露した際の体重の適応について(第444回日大医学会例会(共同)) 173. 2002/11/15 14日間模擬微小重力曝露による血圧変動変化の脳血流に対する影響(第2報)(第48回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 174. 2002/11 2.5G環境における成熟ラットの行動と適応についての検討(第48回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 175. 2002/11 2週間の過重力環境下がラットの心血管系調節機能に与える影響(第48回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 176. 2002/11 微小重力環境曝露後の圧受容器反射機能低下の人工重力負荷による予防(第48回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 177. 2002/06/13 Parkinson病患者における起立性低血圧と抗Parkinson病薬(第20回日本神経治療学会総会(共同)) 178. 2002/06/02 バイリンガルテキスト兼ビデオを用いた医療受給者および供給者向け双方向型学習システム制作の試み(日本人間工学会第43回大会(共同)) 179. 2002/06/01 VRを用いた視覚刺激による動揺病様症状発症時の自律神経機能(日本人間工学会第43回大会(共同)) 180. 2002/05/29 Parkinson病におけるMIBG心筋シンチグラフィーと心および脳血管調節障害(日本神経学会総会(共同)) 181. 2002/03/27 パーキンソン病患者の動的血流自働調節作用に関する検討(第72回日本衛生学会総会(共同)) 182. 2002/03/27 多元的生体情報計測に基づく身体的な生体負担と精神的な生体負担の評価法について(第72回日本衛生学会総会(共同)) 183. 2002/03/27 高所環境曝露による圧受容器反射機能の低下(第72回日本衛生学会総会(共同)) 184. 2001/11/01 14日間にわたる6°ヘッドダウンベッドレストにおけるパフォーマンスと自覚症状に関する研究(第47回日本航空宇宙環境医学会総会(共同)) 185. 2001/11/01 14日間模擬微小重力曝露による生理的血圧変動の変化(第47回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 186. 2001/11/01 14日間模擬微小重力曝露による脳血流変動の変化(第47回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 187. 2001/11/01 LBNP とHUTのヒト脳血流自動調節能に及ぼす影響の比較(第47回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 188. 2001/11/01 受動起立と動的脳血流自動調節能の関係(第47回日本航空宇宙環境医学会総会(共同)) 189. 2001/11/01 過重力環境下で成長したマウス迷走神経の組織学的変化の研究(第47回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 190. 2001/10/25 Parkinson病患者のhead-up tilt による血圧と脳血流の変化(第54回日本自律神経学会総会(共同)) 191. 2001/09/19 14日間の6°ヘッドダウンベッドレストにおける骨代謝マーカーの推移(第56回日本体力医学会大会(共同)) 192. 2001/09/19 14日間頭部下方6度傾斜における臥床の評価―前後左右方向重心動揺の周波数分析―(第56回日本体力医学会大会(共同)) 193. 2001/09/19 高所環境曝露による循環系コントロール機能の変化(第56回日本体力医学会大会(共同)) 194. 2001/09/06 自動車運転中における脳血流速度検討法の開発(日本人間工学会第42回大会(共同)) 195. 2001/09/05 脳循環調節パラメータの測定再現性とその応用(日本人間工学会第42回大会(共同)) 196. 2001/09/04 14日間連続臥床における単純・選択反応時間とパフォーマンスの変化.(日本人間工学会第42回大会) 197. 2001/04/30 高齢者に於ける脳血流の動的自己調節能の研究(第71回日本衛生学会総会(共同)) 198. 2001/04/27 脳血流調節能に与えるセボフルラン麻酔と全身静脈麻酔の作用の相違について(日本麻酔学会第48回大会(共同)) 199. 2000/11/12 微小重力環境曝露により引き起こされる血管系の特性変化とそれに対する人工重力の相反する作用(第46回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 200. 2000/11/12 生理的血圧変動に対する中大脳動脈流速自己調節能の周波数特性―安静時及びHead-upTilt負荷中の検討―(第46回日本宇宙航空環境医学会総会(共同)) 201. 2000/09/20 筋労作の生体への影響は労作回復期心電図R-R間隔変動の周波数解析によって評価可能か(第55回日本体力医学会大会(共同)) 202. 2000/06/24 経頭蓋超音波による頭蓋内温度上昇予測(第19回日本脳神経超音波学会総会(共同)) 203. 2000/06/23 HITS or MESの検出の実際―私はこうしている(第19回日本脳神経超音波学会総会(単独)) 204. 1999/12/04 試作血栓モデルによる栓子信号検出特性の検討(第2回日本栓子検出と治療研究会(共同)) 205. 1999/11/27 非ケトン性高血糖にともない大脳皮質起源の一過性ミオクローヌス様不随意運動を認めた63歳男性例(第151回日本神経学会関東地方会(共同)) 206. 1999/10 破壊性脊椎関節症の1例(第15回Spinal cord club(共同)) 207. 1999/09/04 20年の透析歴をもち、頚髄症により四肢麻痺にいたった64歳男性剖検例―Destructive spondylarthropathy(DSA)と脊椎amyloidosis(第150回日本神経学会関東地方会(共同)) 208. 1999/03/06 橋梗塞のあと一側性咬筋シストニアにより開口障害となった44歳男性例(第148回日本神経学会関東地方会(共同)) 209. 1998/12/19 四肢近位筋優位の筋萎縮、四肢深部腱反射の減弱、両側手掌の知覚障害を呈した、母親に類症を認める46歳女性例(第36回Neuromuscular Confeernce(共同)) 210. 1998/11/26 血管障害による左右固視で交代する外斜視を伴った前方型両側内側縦側症候群(Cogan)に見られた輻湊障害の検討(第36回日本神経眼科学会総会(共同)) 211. 1998/11/12 塞栓性脳梗塞と診断され、大脳に著しいastrocytosisを認めた29歳男性の一剖検例(第61回関東臨床神経病理懇話会(共同)) 212. 1998/03 Down症の1例(第11回Spinal cord club(共同)) 213. 1995/06/01 Corticobasal degeneration様の臨床的特徴を呈し,剖検にて左右差の目立つ海馬・大脳皮質・新線状体・黒質の変性,アストロサイト周囲のtau陽性物質沈着(TDA),広範なオリゴデンドログリア封入体を認めた特異な変性疾患の一例(第36回日本神経病理学会総会学術研究会(共同)) 214. 1995/06/01 進行性の小脳症候, 髄液細胞増多で発症し,経過中,錐体路症候,精神症状,ミオクローヌス様不随意運動を認めた慢性進行性脳脊髄炎の1例(第36回日本神経病理学会総会学術研究会(共同)) 215. 1995/03/04 Gd倍量造影、3mm前額断MRIにて、硬膜外病巣を確認し得たステロイド反応性、多発脳神経障害の1例(第132回日本神経学会関東地方会(共同)) 216. 1994/12/12 進行性の小脳症候、髄液細胞増多で発症し、経過中、錐体路症候、精神症候、ミオクローヌス様不随意運動を認めた54歳男性の1例(第241回日本大学医学部CPC(共同)) 217. 1994/12/03 中鎖トリグリセライド内服治療により、神経症状、皮膚症状の改善を認めたShogren-Larsson症候群の1例(第131回日本神経学会関東地方会(共同)) 218. 1994/07/09 肝実質内にneurofibrosarcomaを合併したvon Recklinghausen病の1剖検例(第429回日本内科学会関東地方会(共同)) 219. 1994/05/14 脱水により一過性意識障害を呈した脳底動脈狭窄の1例(第5回神経救急研究会(共同)) 220. 1994/03/16 消化管手術後、経口摂取開始早期に発症したWernicke 脳症の2症例(神経治療学会(共同)) 221. 1994/03/05 若年性一側上肢筋萎縮症様症状で発症した脊髄空洞症の1例(第128回日本神経学会関東地方会(共同)) 222. 1993/12/11 シンナー吸収中止後に多彩な中枢神経症状が出現した慢性シンナー中毒の1例(第424回日本内科学会関東地方会(共同)) 223. 1993/09/11 急性肝炎様症状で発症し急激に肝不全に至った自己免疫性肝炎の1剖検例(第421回日本内科学会関東地方会(共同)) 224. 1992/12/12 潰瘍性大腸炎によるtoxic megacolonにて結腸亜全摘後、経口摂取中にも拘らず発症したWernicke脳症の1例(第123回日本神経学会関東地方会(共同)) 5件表示 全件表示(224件) ■ 研究業績(取得特許) 1. 2011/09/02 機能的近赤外分光装置の信号解析方法及び信号解析装置、機能的近赤外分光装置並びに信号解析プログラム(共同)(特許第4813128号) 2. 2011/11/11 センサ出力信号評価システム(共同)(特許第4859035号)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

mmaニュース 女子サッカー2ch バカラプロ ブレントフォードfc
Copyright ©ステークカジノ(Stake)を徹底レビュー:仮想通貨に強いブック ... The Paper All rights reserved.