usdt買い方

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

  教員データベース    TOPページ       著書・論文 学会発表 学歴 学内役職・委員 教育上の業績 所属学会 資格・免許 社会における活動 研究課題・受託研究・科研費 現在の専門分野     (最終更新日:2023-02-04 12:28:17)   ヤマモト ユウイチロウ   Yamamoto Yuichiro   山本 雄一郎    所属   明治大学  商学部    職種   専任教授 ■ 著書・論文 1. 2023/01 論文  ハーバード流交渉術における感情の考察 - 感情の及ぼす影響の分析- 明大商学論叢 105(1),31-46頁 (単著)  2. 2021/01 論文  大学のビジネス英語教育におけるニーズ分析-課題と方向性- 明大商学論叢 103(1),1-16頁 (単著)  3. 2019/09 論文  東芝とウエスタンデジタル社の国際ビジネス交渉上の課題分析 -ビジネスコミュニケーションの考察- 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (78),11-19頁 (単著)  4. 2017/03 著書  英語と日本語で学ぶビジネスの第一歩(第2章「国際ビジネス交渉」を担当) 明治大学商学部グローバル人材育成シリーズ 1,21-46頁 (共著)  5. 2017/03 論文  ハーバード流交渉術における「人と問題の分離」の考察 ―日本人への適用可能性の分析― 商学論究 64(4),55-70頁 (単著)  6. 2016/09 論文  国際金融におけるビジネス交渉上の課題分析 ―アルゼンチンと債権者のコミュニケーション― 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (75),33-40頁 (単著)  7. 2016/05 著書  Business English Teaching and Research The Effects of Plain English Movement and Culture:A Comparison of Loan Contracts of Japanese Banks and Anglo-American Banks  5,pp.16-32 (共著)  8. 2013/05 論文  集団行動条項の有効性の課題と限界の一考察 国際商取引学会年報 (15),112-125頁 (単著)  9. 2012/09 論文  国際ビジネス交渉における適応の機能に関する一考察 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (71),11-19頁 (単著)  10. 2011/01 論文  大学の英語による専門科目の授業実施の課題と方向性‐母語話者教員と非母語話者教員の比較‐ 明大商学論叢 93(1) (単著)  11. 2010/10 著書  国際ビジネスコミュニケーション 国際ビジネス分析の新しい視点(第11章「邦銀と外銀の融資契約書の比較」を担当)  154-166頁 (共著)  12. 2010/09 論文  ビジネス英語における英文契約の教育上の一考察 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (69),25-35頁 (単著)  13. 2010/07 論文  コベナンツの有効活用における課題‐貸出人・借入人間の交渉をめぐって‐ 国際商取引学会年報 (12),81-95頁 (単著)  14. 2010/01 論文  国際ビジネス交渉における日米の時間の概念-ステージモデルをめぐって- 明大商学論叢 92(1) (単著)  15. 2009/09 論文  国際ビジネス交渉モデルについての一考察 国際ビジネスコミュニケ―ション学会研究年報<研究ノート> (68),125-134頁 (単著)  16. 2009/03 論文  SOX法の内部統制に関する日米比較―文化及びコミュニケーションの視点から― 明大商学論叢 91(3) (単著)  17. 2008/03 論文  SOX法に関する一考察―米国の経験を踏まえて― 日本貿易学会年報 (45),147-155頁 (単著)  18. 2008/03 論文  “Reasonable Assurance”に関する一考察 -SOX法における定義と効果の視点から- 明大商学論叢 90(4) (単著)  19. 2007/12 論文  グローバル化時代のシンジケートローン契約書のデフォルト条項 明大商学論叢 90(1) (単著)  20. 2006/09 論文  国際ビジネス交渉に関する-考察 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (65),51-62頁 (単著)  21. 2005/09 論文  合弁契約における英語コミュニケーション 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (64),48-58頁 (単著)  22. 2003/09 論文  融資契約書における表現と文化 国際ビジネスコミュニケーション学会研究年報 (62),20-29頁 (単著)  5件表示 全件表示(22件) ■ 学会発表 1. 2019/10/24 Needs Analysis for teaching business English to Japanese undergraduate students(84th Annual international Conference of the Association for Business Communication, Detroit, US) 2. 2019/04/06 東芝とウエスタンデジタル社の国際ビジネス交渉上の課題分析―意思決定とコミュニケーションの観点―(日本交渉学会 春の講演会) 3. 2018/10/26 A Study of International Business Negotiations:A case study of Toshiba and Western Digital concerning a solution for financial problems facing Toshiba(83rd Annual International Conference of the Association for Business Communication, Miami, Florida, US) 4. 2017/10/20 A Study of "Getting to YES" of the Harvard Negotiation Project - Case Study of Basic Elements for Japanese Business People(82nd Annual International Conference of the Association for Business Communication, Dublin, Ireland) 5. 2017/06/11 A Study of "Getting to Yes" of the Harvard Negotiation Project:Emotions and Communication for Japanese Business People(The 15th Asia-Pacific Conference of the Association for Business Communication, Hong Kong) 6. 2016/01/06 A Study of Intrnational Business Negotiations:A case study of Argentina's Sovereign Debt Restructuring(The Association for Business Communication, University of Cape Town, South Africa) 7. 2014/03/29 The Effects of Plain English: A Comparison of Loan Contarcts of Japanese Banks and Anglo-American Banks(The Association for Business Communication, The 13th Asia-Pacific Conference in Shanghai, China) 8. 2012/03/31 The Framework of Cross-Cultural Adaptation in International Business Negotiation(The Association for Business Communication, The 11th Asia-Pacific Conference in Seoul, South Korea) 9. 2009/07/25 融資契約の誓約条件の活用における一考察(日本貿易学会東部部会研究報告会) 10. 2005/09 The Wall Street Journal および日本経済新聞に関するコミュニケーション上の一考察(国際ビジネスコミュニケーション学会関東支部研究会) 11. 2000/09 債務リストラに係る英語表現について -国際金融取引における交渉を通して-(日本商業英語学会関東支部研究会) 12. 2000/08 Expressions used in the Asian Debt Crisis : practical usage and definitions(The Association for Business Communication, Asia-Pacific Conference in Kyoto) 13. 1999/09 異文化ビジネスコミュニケーションに係る体験的一考察 -邦銀ロンドン支店の勤務体験を踏まえて-(日本商業英語学会関東支部研究会) 5件表示 全件表示(13件) ■ 学歴 1. 1984/06(学位取得) シカゴ大学 経営学修士 2. ~1984/06 米国シカゴ大学経営大学院(MBA) 経営学研究科 修士課程修了 3. ~1978/03 慶應義塾大学 商学部 卒業 ■ 学内役職・委員 1. 2015/04/01~2017/03/31 明治大学 商学部教務主任 ■ 教育上の業績 ●その他教育活動上特記すべき事項 1. 2021/04/01~ 体育会硬式野球部部長 2. 2020/04/01~2021/03/31 体育会硬式野球部副部長 ■ 所属学会 1. 2015/04~ 日本交渉学会 2. 2007/11~ 国際商取引学会 3. 2006/07~ 国際ビジネス研究学会 4. 2004/09~ 日本貿易学会 5. 2011/05~2015/05 ∟ 理事 6. 2017/05~2022/06 ∟ 理事 7. 2001/12~ The Association for Business Communication 8. 1999/09~ 国際ビジネスコミュニケーション学会 9. 2009/10~2015/10 ∟ 理事 5件表示 全件表示(9件) ■ 資格・免許 1. 1975/11 実用英語技能検定1級 ■ 社会における活動 1. 2004/04~2007/03 日本貿易振興会(ジェトロ)貿易アドバイザー試験問題作成委員 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1.   ビジネス英語教育における課題 個人研究 (キーワード:ビジネス英語 交渉 契約) 2.   国際ビジネス交渉に係る概念的モデル構築 個人研究 (キーワード:"国際ビジネス,モデル,異文化") 3.   文化の国際ビジネスコミュニケーション/交渉に与える影響 個人研究 (キーワード:"文化,国際ビジネス,コミュニケーション") 4.   日本人の国際ビジネス交渉過程における課題・問題点の研究 個人研究 (キーワード:"国際ビジネス,異文化コミュニケーション,") ■ 現在の専門分野 商学 (キーワード:国際ビジネスコミュニケーション(International Business Communication)) 

遊雅堂出金遅い オンカジ仮想通貨 スロットオンラインカジノ PLAY WORLD CASINO - プレイワールドカジノ
Copyright ©usdt買い方 The Paper All rights reserved.