レオベガスカジノ出金

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

研究者情報 研究者基礎データ 所属・職名 ホームページURL 取得学位 研究分野 研究課題 科研費分類による研究分野 出身大学院 出身大学 所属学会 資格・免許 社会活動 受賞学術賞 学内における兼任・役職 研究業績 研究業績(論文) 研究業績(著書・訳書) 研究業績(学会発表・演奏活動・作品発表等) 研究業績(講演) 研究業績(その他の著述) 研究業績(その他) 研究業績(特許) 産学官連携研究 科研費による研究 外部資金による研究 マスコミ活動 教育活動 授業評価報告実施科目 主体的なFD活動(講演会・セミナー・研修会) 主体的なFD活動(冊子投稿) 主体的なFD活動(授業公開実施) その他のFD活動(講演会参加) その他のFD活動(授業参観、公開授業参加) 担当授業科目(大学・専攻科) 担当授業科目(大学院) 基本情報 氏名(漢字) 宮川 幸代 氏名(カナ) ミヤガワ サチヨ 氏名(ローマ字) MIYAGAWA Sachiyo 性別 生年月日 研究室 研究室電話番号 研究室FAX番号 メールアドレス 研究者基礎データ 所属・職名 1.看護学部看護学科 准教授 ホームページURL   取得学位 1.2011 博士(ヒューマン・ケア科学) 筑波大学 2.2008 修士(ヒューマン・ケア科学) 筑波大学 研究分野 1.ウイメンズヘルス, 助産 研究課題 1.女性の生涯における健康支援 科研費分類による研究分野 1.臨床看護学 出身大学院 1.2011 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻 3年制博士課程 修了 2.2008 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 - 博士課程 修士 修了 出身大学   所属学会   資格・免許 1.助産師免許 1995/04 2.看護師免許 1994/04 社会活動   受賞学術賞   学内における兼任・役職 1.学術情報主任 2023/04/01- 研究業績 研究業績(論文) 1.「Associations Between Quality of Life, Psychosocial Well-being and Health-Related Behaviors Among Adolescents in Chinese, Japanese, Taiwanese, Thai and the Filipino Populations: A Cross-Sectional Survey」 『Int J Environ Res Public Health』 Vol.17(1) 1-20 2020/04 2.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集 Vol.4 12-13 2019/03 3.「妊娠期におけるマイナートラブルの概念分析」 『Phenomena in Nursing』 Vol.2 (1) 1-9 2019/03 4.「状況特定理論の試み」 『看護研究』 51巻 3号 276-283 2018/06 5.「「産婦の姿勢と体位を整える助産ケア」教育プログラムの評価」 『日本看護学会論文集ヘルスプロモーション』 Vol.48 27-30 2018/04 全て表示する(28件) 6.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.3 15-16 2018/03 7.「平成29年度周産期ケア研究センター活動報告」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.3 21-29 2018/03 8.「バースセンター構想における研究活動の報告(平成23~29年度)」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.3 30‐42 2018/03 9.「思春期児童・生徒の健康に関連するライススタイルと心理社会的健康行動、睡眠の実態に関する国際比較調査班 2017年度活動報告」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.3 43-44 2018/03 10.「外来通院中の切迫早産妊婦の早産予防のために行うセルフケアとセルフケア能力」 『日本母性看護学会誌』 Vol.17(1) 1-9 2017/03 11.「外来通院中の切迫早産と診断された妊婦に提供した早産予防のための看護支援」 『兵庫県立大学看護学部・地域ケア開発研究所紀要』 Vol.24 55-66 2017/03 12.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学看護学部地域ケア開発研究所活動報告集』 Vol.2 35-37 2017/03 13.「子育てまちの保健室「るんるんルーム」活動報告 看護職が常駐する子育て支援の場の役割」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.2 23-29 2017/03 14.「平成28年度周産期ケア研究センター活動報告」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.2 19-22 2017/03 15.「思春期児童・生徒の健康に関連するライフスタイルと心理社会的健康行動,睡眠の実態に関する国際比較調査」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.2 5-6 2017/03 16.「思春期児童・生徒の健康に関連するライフスタイルと心理社会的健康行動、睡眠の実態に関する国際比較調査」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.1 7-8 2016/03 17.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学看護学部地域ケア開発研究所活動報告集』 2016 Vol.1 16-18 2016/03 18.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.9 75 2015/03 19.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.8 45-46 2014/03 20.「女性のための健康相談室」 『兵庫県立大学地域ケア開発研究所研究活動報告集』 Vol.7 15-18 2013/03 21.「Relationship between sleep-disordered breathing and perinatal outcome in pregnant women」 『Journal of Japan Academy of Midwifery』 Vol.25(1) 5-12 2011/06 22.『妊娠女性におけるsleep disturbanceおよび睡眠呼吸障害(SDB)と周産期outcomeとの関係』( 博士論文 2011/03 23.「Association between stress-related substances in saliva and immune substances in breast milk in puerperae」 『Bio Res Nurs』 Vol.10(4) 350-355 2009/02 24.「母乳中免疫物質と母親のストレスとの関連に関する文献検討」 『母性衛生』 Vol.49(4) 442-449 2009/01 25.「POMS(Profile of Mood States)による産後の母親の心理状態と唾液中SIgA、cortisol濃度との関連」 『日本助産学会誌』 Vol.22(1) 17-24 2008/09 26.「妊娠女性における睡眠時無呼吸症候群(SAS)に関する研究」 修士論文 2008/03 27.「双子の授乳状況の実態と課題 同時授乳」 『母性衛生』 Vol.42(1) 149-154 2001/03 28.「双子の授乳状況の実態と課題(第1報) 生後10ヵ月迄の双子の授乳状況」 『母性衛生』 Vol.41(4) 454-458 2000/12 表示順の上位 5 件のみ表示する 研究業績(著書・訳書) 1.「状況特定理論の試み」 医学書院 看護研究51巻 3号 276-283 2018/06 研究業績(学会発表・演奏活動・作品発表等) 1.「妊婦の睡眠状況と心の健康度・心の疲労度との関係」 第33回日本助産学会学術集会 福岡市 2019/03 2.「妊婦に対するピッツバーグ睡眠質問票による睡眠支援の効果」 第38回看護科学学会学術集会 松山市 2018/12 3.「産婦の姿勢・骨盤の査定力と対応力強化を目指した助産師に対する「姿勢と体位を整える助産ケア教育プログラム」の実施と評価」 第49回日本看護学会ヘルスプロモーション学術集会 岡山市 2018/09 4.「Nonrandomized Intervention Study of the Effectiveness of Sleep Disturbances during Pregnancy to Improve Well-Being and QOL among Japanese Pregnant Women」 World Sleep Prague(Czech Republic ) 2017/10 5.「Relation between Sleep and QOL in Pregnant Women」 The 31st ICM(International Confederation of Midwives)Triennial Congress Toronto (Canada) 2017/07 全て表示する(24件) 6.「Relation between Sleep Disturbances and Perinatal Outcomes in Pregnant Women」 The 31st ICM(International Confederation of Midwives) Triennial Congress Toronto(Canada) 2017/07 7.「思春期児童生徒における成育環境と自尊感情および心理社会的行動との関係」 第64回日本小児保健協会学術集会 大阪市 2017/06 8.「思春期における眠気とライフスタイルおよび心理社会的行動との関係」 第64回日本小児保健協会学術集会 大阪市 2017/06 9.「A Survey on Health-related Lifestyle and Psychosocial Health Behavior among Adolescents in Japan」 Adolescence Mental Health Forum Turku (Finland) 2017/05 10.「A Survey on Health-related Lifestyle and Psychosocial Health Behavior among Adolescents in Japan」 20th East Asian Forum of Nursing Scholars Hong Kong 2017/03 11.「Analysis of the Self-Care Agency Required to Prevent Premature Delivery in Pregnant Women Diagnosed with Threatened Premature Labor:Using Orem’Self-Care Deficit Nursing Theory」 19th East Asian Forum of Nursing Scholars 千葉市 2016/03 12.「月経随伴症状とSTAIの関連」 第35回日本看護科学学会学術集会 広島市 2015/12 13.「直接授乳に関する乳頭・乳房ケアの効果」 第56回母性衛生学会学術集会 盛岡市 2015/10 14.「Sleep and Edinburgh Postnatal Depression Scale in Pregnant Women」 ICM Asia Pacific Regional Conference Yokohama 2015/07 15.「Associations Between Pregnancy Context,Health Behaviors,Mood States, and Health-Related Quality of Life Among Pregnant Women in Japan」 ICM Asia Pacific Regional Conference Yokohama 2015/07 16.「自宅で過ごす切迫早産妊婦のセルフケア能力~的確なセルフケアを行うことができていた妊婦の事例研究~」 第17回日本母性看護学会学術集会 東京都 2015/06 17.「看護実践力を育成するためのVODシステム活用の効果に関する調査」 第32回日本看護科学学会学術集会 東京都 2012/11 18.「妊娠女性における常習的いびきと妊娠・分娩状況との関連」 第23回日本助産学会学術集会 東京都 2009/03 19.「妊娠女性の睡眠時無呼吸症候群について」 第67回日本公衆衛生学会総会 福岡市 2008/11 20.「妊娠女性における睡眠呼吸障害と身体計測値との関連」 第67回日本公衆衛生学会総会 福岡市 2008/11 21.「産後の母親の唾液中SIgA,cortisol濃度とPOMS(Profile of Mood States)による心理的状態との関連」 第21回 日本助産学会学術集会 大分市 2007/03 22.「生後10ヵ月迄における双子の授乳状況とサポートシステムの現状」 第46回日本小児保健学会 札幌市 1999/10 23.「双子の授乳状況の実態と課題(第1報) 生後10ヵ月までの双子の授乳状況」 第40回日本母性衛生学会学術集会 横浜市 1999/09 24.「双子の授乳状況の実態と課題(第2報) 同時授乳」 第40回日本母性衛生学会学術集会 横浜市 1999/09 表示順の上位 5 件のみ表示する 研究業績(講演)   研究業績(その他の著述) 1.「看護系大学における睡眠学教育の実態把握と臨地のニーズ・課題に関する調査」 『科学研究費助成事業 基盤研究(C)研究成果報告書』 2019/06 谷田恵子, 岡田彩子, 宮川幸代 2.「高圧空気カプセルによる心身の健康効果に関する臨床研究」 『科学研究費助成事業 基盤研究(C)研究成果報告書』 2019/03 櫻井進, 中田光紀, 寺田和史, 宮川幸代, 宿谷賢一 3.「安全な出産と快適な育児期を過ごすための妊娠中から取り組む睡眠プログラムの検証」 『科学研究費助成事業 若手研究(B) 研究成果報告書』 2016/06 4.「外来通院中の切迫早産妊婦の早産予防のための症状マネジメント支援」 『科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書』 2016/06 工藤美子, 岡邑和子, 川下菜穂子, 鎌田奈津, 相澤千絵, 宮川幸代, 槻木直子 5.「やせ妊婦が適切な体重増加をするために‐体型認識・心理および生活習慣からの分析」 『科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 研究成果報告書』 2013/06 小泉仁子, 江守陽子, 村井文江, 山海知子, 川野亜津子, 小谷野康子, 宮川幸代 研究業績(その他)   研究業績(特許)   産学官連携研究   科研費による研究 1.「安全な出産と快適な育児期を過ごすための妊娠中から取り組む睡眠プログラムの検証」 若手研究(B) 2012 2015 外部資金による研究   マスコミ活動   教育活動 授業評価報告実施科目   主体的なFD活動(講演会・セミナー・研修会)   主体的なFD活動(冊子投稿)   主体的なFD活動(授業公開実施)   その他のFD活動(講演会参加) 1.第13回アクティブ・ラーニング研究会 「同志社女子大学 ラーニング・コモンズ 想い、課題、そして期待」 同志社女子大学教育開発支援センター オンライン開催 2021/2/17 その他のFD活動(授業参観、公開授業参加)   担当授業科目(大学・専攻科) 1.2024 秋学期 ウイメンズヘルス実習 754600 2.2024 秋学期 卒業研究Ⅲ 756012 3.2024 春学期 家族関係論 751400 4.2024 春学期 ウイメンズヘルス援助論A 754400 5.2024 春学期 ウイメンズヘルス援助論B 754500 全て表示する(9件) 6.2024 春学期 卒業研究Ⅱ 755912 7.2024 春学期 看護実践総合演習Ⅰ 756100 8.2024 春学期 看護実践総合実習(アドバンス) 756506 9.2024 春学期 地域・在宅看護論 758300 表示順の上位 5 件のみ表示する 担当授業科目(大学院) 1.2024 通年 助産診断技術学演習 892400 2.2024 通年 助産診断技術学演習 892400 3.2024 通年 高次助産診断技術学演習 893500 4.2024 通年 高次助産診断技術学演習 893500 5.2024 秋学期 分娩期助産診断技術学 892200 全て表示する(7件) 6.2024 秋学期 助産学実習Ⅱ 892800 7.2024 春学期 リプロダクティブヘルス論 891900 表示順の上位 5 件のみ表示する

ハッピースター入金不要ボーナス ベラジョンカジノリップル オンラインカジノ&スポーツベッティング - オンラインでプレイ& ... ブックメーカー おすすめランキング!スポーツベットの始め方や ...
Copyright ©レオベガスカジノ出金 The Paper All rights reserved.