【必見】ライブカジノのおすすめオンラインカジノ12選 ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 学生指導及び学内行政分担 研究課題・受託研究・科研費 社会的活動 委員会・協会等 研究業績(著書・論文等) 研究業績(招待講演) 研究業績(学会発表)     (最終更新日:2024-05-25 22:46:49)   モトヤマ ヒトシ   MOTOYAMA Hitoshi   元山 斉    所属   青山学院大学  経済学部 経済学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 演習,演習(卒業論文),数理統計Ⅰ,数理統計Ⅱ,経済統計Ⅰ,経済統計Ⅱ,,経済数学I, 経済数学II, 統計学研究Ⅰ,統計学研究Ⅱ,統計学特論Ⅰ,統計学特論Ⅱ ■ 専門分野及び関連分野 統計学, 計量経済学, 標本調査法, 経済統計  ■ 学歴・学位 1. 一橋大学 博士(経済学) 2. 一橋大学大学院経済学研究科経済理論経済統計専攻単位取得退学 3. 一橋大学大学院 経済学研究科 経済統計専攻 修士課程修了 4. 一橋大学 経済学部 卒業 ■ 職歴 1. 2018/04~ 青山学院大学 経済学部 経済学科 教授 2. 2018/06~ 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構統計数理研究所 客員教授 3. 2023/04~ 信州大学経法学部 特任教授 4. 2022/09~2023/08 Delft Institute of Applied Mathematics, Delft University of Technology Visiting Scholar 5. 2022/04~2023/03 信州大学, 先鋭領域融合研究群 社会基盤研究所 特任教授 6. 2015/07~2018/03 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 客員准教授 7. 2015/04~2018/03 青山学院大学 経済学部 経済学科 准教授 8. 2014/04~2015/03 信州大学 学術研究院 社会科学系 講師 9. 2012/04~2014/03 信州大学 経済学部 経済学科 市場と情報 講師 10. 2010/04~2012/03 大学共同利用機関法人情報システム研究機構 新領域融合研究センター(統計数理研究所) 融合プロジェクト特任研究員 11. 2008/06~2011/03 一橋大学大学院 経済学研究科 特任講師 12. 2007/04~2011/03 (財)統計情報研究開発センター(Sinfonica) 研究員 13. 2007/04~2008/03 一橋大学 経済研究所 COE研究員 14. 2004/06~2007/03 青山学院大学 経済学部 経済学科 助手 5件表示 全件表示(14件) ■ 所属学会 1. 2002/09~ 一般社団法人 日本統計学会 2. 2015/10~2017/09 ∟ 大会委員会委員 3. 2007/09~ 日本行動計量学会 4. 2018/06~ ∟ 広報委員 5. 2023~ ∟ 日本行動計量学会第51回大会 大会副実行委員長 6. 2010/06~ 社団法人 日本品質管理学会 7. 2010/07~2013/10 ∟ 計画研究会「統計データの質マネジメント研究会」委員 8. 2016/11~2020/11 ∟ 代議員 9. 2011/10~ 応用統計学会 10. 2018/05~2020/05 ∟ 企画理事 11. 2018/05~2022/05 ∟ 「応用統計学」編集委員 12. 2011/10~ 日本計算機統計学会 13. 2013/04~ 一般社団法人 日本経済学会 14. 2014/04~ 一般社団法人 統計科学研究会 15. 2014/10~ 社団法人 日本数学会 16. 2022/04~ 数理社会学会 17. 2022/09~ 日本社会学会 5件表示 全件表示(17件) ■ 学生指導及び学内行政分担 1. 2019/04/01~2022/03/31 青山学院大学 情報メディアセンター副所長(青山キャンパス) 2. 2020/04/01~2022/03/31 青山学院大学 大学協議会 3. 2020/04/01~2022/03/31 青山学院大学 大学院経済学研究科経済学専攻主任 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 2005/04~2006/03  世帯データの統計的分析基盤の整備と応用 萌芽研究(研究分担者)  2. 2005/04~2009/03  官庁統計の総合的な利用方法に関する研究 基盤研究(B)(研究分担者)  3. 2009/04~2013/03  ミクロ計量分析のための標本調査理論の開発 若手研究(B)(研究代表者(単独))  4. 2009/04~2013/03  公的統計の提供方法に関する理論的・実際的研究 基盤研究(B)(研究分担者)  5. 2010/04~2015/03  低経済成長下での産業・企業構造の変容の測定:産業格付けの変動と中小企業問題 基盤研究(B)(研究分担者)  6. 2012/07~2013/03  調査データに基づいた計量経済学手法の開発と評価 その他の補助金・助成金  7. 2014/04~2017/03  統計数理研究所 公募型共同利用(共同利用(一般研究2))「標本調査における統計量の漸近理論の研究」研究代表者 国内共同研究  8. 2014/07~2015/03  標本調査における非線形統計量の分布の数理的研究 その他の補助金・助成金  9. 2015~2018  公的統計の精度および提供方法に関する研究 基盤研究(C)  10. 2016/04~2021/03  統計調査で得られる統計量の漸近分布の研究 (基盤研究(C) 研究代表者(単独))  11. 2017/04~2018/03  統計数理研究所 公募型共同利用(共同利用(一般研究2))「標本調査法における推定方法の研究」研究代表者 国内共同研究  12. 2018/04~2023/03  公的統計の精度評価と新たな提供方法に関する研究 基盤研究(B)  13. 2021/04~  多様なデータ収集環境下での統計手法と精度評価に関する包括的研究 基盤研究(C)  5件表示 全件表示(13件) ■ 社会的活動 1. 2017/09~2017/10 2017年9月22・28・29日、10月5日 総務省統計研究研修所 本科総合課程119期「推測統計」講師(田村 義保(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 副所長・モデリング研究系教授)と共同で担当) 2. 2016/09~2016/09 2016年9月16・23・30日 総務省統計研修所 本科総合課程118期「推測統計」講師(田村 義保(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 副所長・モデリング研究系教授)と共同で担当) 3. 2015/08~2015/08 長野県企画振興部情報政策課統計室 長野県統計協会 行政職員のための統計活用基礎研修「統計調査の基礎~計画、実施から報告に至るまで~」講師(8月27日(松本合同庁舎)、8月28日(県庁西庁舎)) 4. 2014/08~2014/08 教員免許状更新講習(信州大学)「社会データを分析しよう-高校数学+αで-」 講師(2014年8月2日、信州大学) 5. 2013/08~2013/08 教員免許状更新講習(信州大学)「データ解析の手法を身につけて社会を分析しよう 」 講師(2013年8月3日、信州大学) 6. 2013/04~2016/03 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 共同研究員 7. 2012/04~2013/03 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 共同研究員 8. 2012/04~2015/03 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 外来研究員 9. 2010/11~2010/11 2010年11月9日 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所 公開講座「統計的品質管理 ―問題解決のための統計的方法― 」講師(河村敏彦(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所)と共同で担当) 5件表示 全件表示(9件) ■ 委員会・協会等 1. 2024/05~ 独立行政法人 国際協力機構 技術専門委員 2. 2023/12~ 公認会計士・監査審査会 令和6年公認会計士試験 試験委員 3. 2023/10~ 経済産業省委託研究, 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社, 「第3次産業活動指数の2020年基準改定に係る課題検討に関する調査研究」 研究会委員 4. 2023/10~ 総務省, 統計委員会 (評価分科会) 専門委員 5. 2023/09~ 厚生労働省委託研究,株式会社エイジェック, 外国人雇用実態調査に係る研究会 委員 6. 2023/04~ 中小企業庁委託研究 エム・アール・アイ リサーチアソシエイト株式会社【三菱総研グループ】 「令和5年度中小企業実態基本調査の実施及び結果検証等事業」に係る研究委員会 委員 7. 2022/06~2023/03 中小企業庁委託研究 エム・アール・アイ リサーチアソシエイト株式会社【三菱総研グループ】 「令和4年度中小企業実態基本調査の実施及び結果検証等事業」に係る研究委員会 委員 8. 2022/06~2022/08 厚生労働省委託研究 三菱UFJリサーチ&コンサルティング, 「外国人の雇用状況に係る統計調査の新設に関する研究会」 委員 9. 2021/09~2022/08 人事院 2022年度 財務専門官採用試験 試験専門委員 10. 2021/05~2022/03 中小企業庁委託研究 エム・アール・アイ リサーチアソシエイト株式会社【三菱総研グループ】 「令和3年度中小企業実態基本調査の実施及び結果検証等事業」に係る研究委員会 委員 11. 2020/12~2021/03 中小企業庁委託研究 エム・アール・アイ リサーチアソシエイト株式会社【三菱総研グループ】 「令和2年度中小企業実態基本調査の実施及び結果検証等事業」に係る研究委員会 委員 12. 2019/12~2020/03 中小企業庁委託研究 エム・アール・アイ リサーチアソシエイツ株式会社【三菱総研グループ】 「平成31年度中小企業実態基本調査に係る結果検証事業」に係る研究会 委員 13. 2019/12~2020/03 内閣府経済社会総合研究所委託研究 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 械受注統計調査及び企業行動に関するアンケート調査の改善に関する調査研究研究会 委員 14. 2019/12~ 文部科学省 全国学力・学習状況調査協力者 (学力調査アドバイザー) 15. 2018/08~ 総務省統計局 物価指数研究会 委員 16. 2018/06~2023/03 慶應大学経済学部附属 パネルデータ設計・解析センター 消費生活に関するパネル調査研究会 委員 17. 2016/09~2017/03 内閣府経済社会総合研究所 「欠測値補完に関する調査研究」における有識者研究会 委員 18. 2016/04~2022/03 独立行政法人 国際協力機構 技術専門委員 19. 2015/08~2018/07 総務省統計局 オーダーメード集計・匿名データの作成及び提供に関する検討会議 委員 20. 2015/06~ 総務省統計局 消費統計研究会 (2017年11月-2018年9月 平成31年全国消費実態調査分科会委員) 委員 21. 2015/04~2017/03 文部科学省 平成24年度 大学間連携共同教育推進事業 データに基づく課題解決型人材育成に資する統計教育質保障」統計教育大学間連携ネットワーク(JINSE) カリキュラム策定委員会 委員 22. 2010/06~2012/03 独立行政法人経済産業研究所 サービス産業生産性向上に関する研究会 委員 23. 2009/07~ 中小企業庁委託研究 (株)三菱総合研究所 中小企業実態調査に係る結果検証等に係る研究会 委員 24. 2004/06~2005/03 総務省統計局 雇用統計地域推計研究会 委員 25. 2003/10~2004/06 総務省統計局 雇用統計地域推計研究会 オブザーバー 26. 2001/10~2002/03 財団法人 統計研究会 重複是正措置研究会(総務省統計局委託研究) 研究補助者 27. 2001/01~2002/03 内閣府経済社会研究所 景気指標プロジェクト 部外協力者 28. 1999/10~2001/01 経済企画庁経済研究所 景気指標プロジェクト 部外協力者 29. 1999/07~2000/03 自治省財政局指導課 地方自治体類似団体分類プロジェクト 計算補助者 5件表示 全件表示(29件) ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  経済学をまなぶための線形代数   (共著) 2023/02 2. 著書  経済学をまなぶための微分積分   (共著) 2022/02 3. 著書  スタンダード経済データの統計分析   (共著) 2020/09 4. 著書  『事例でわかる統計シリーズ 経済・経営系のための統計入門』   (共著) 2016/04 5. 著書  統計応用の百科事典(松原望、美添泰人、岩崎学、金明哲、竹村和久、林文、山岡和枝編)(経済時系列関連項目(定常時系列モデル、ARIMA モデル、状態空間モデルとカルマン・フィルター、多変量時系列モデル、非定常時系列モデル、季節調整の手法、非線形時系列モデル)を担当.pp.266-279)  266-279頁 (共著) 2011/10 6. 著書  『経済分析 第166号 景気指標の新しい動向』内閣府経済社会総合研究所編(第1章「伝統的な指標の拡張」pp.13-70. (美添泰人、沢田章、元山斉)、第3章「Neftci モデル:景気の転換点予測」pp.89-114. (美添泰人、元山斉、大西俊郎、沢田章)、第4章「時系列因子分析モデル」pp.115-158. (元山斉、大西俊郎、澤田章))  (166号) (共著) 2003/02 7. 著書  『経済動向指標の再検討』内閣府経済社会総合研究所編(第1章2節「頑健な指標の試算」pp.14-32.  (沢田章、大平純彦、青木周平、元山斉、美添泰人)、第2章3節「Dynamic Factor Model」pp.111-124. (元山斉、高瀬浩二))   (共著) 2001/03 8. 論文  Extended Glivenko–Cantelli theorem for simple random sampling without replacement from a finite population Communications in Statistics – Theory and Methods(forthcoming)  (単著) 2023/07 9. 論文  Rate of convergence of the asymptotic normality of sample quantiles from a finite population Communications in Statistics - Theory and Methods 52(3),pp.886-895 (単著) 2023/02 10. 論文  同一母集団における2つの比率の差の信頼区間ーMonte Carlo実験による検証ー 青山経済論集 74(3),89-106頁 (単著) 2022/12 11. 論文  家計消費の構造分析 統計 73(12),13-20頁 (単著) 2022/12 12. 論文  元山斉「有限母集団からの非復元単純無作為標本において中央値の漸近分布が正規分布以外となる一例」 「青山経済論集」(橋本清一名誉教授記念号) 70(4),31-37頁 (単著) 2019/03 13. 論文  「新しく提案された空間点パターンのグラフィカルな分類方法であるAGsi-curveの数理的性質」 「計算機統計学」 31(2),77-99頁 (共著) 2018/12 14. 論文  "A New Graphical Approach to Classify Spatial Point Patterns based on Hierachical Cluster Analysis" Journal of the Japanese Society of Computational Statistics 30(1),pp.1-14 (共著) 2017/12 15. 論文  「調査ウェイトを用いた加重最小2乗法におけるCp基準について」 青山経済論集 第69巻 第3号(本間照光名誉教授記念号) 69(3),61-68頁 (単著) 2017/12 16. 論文  「有限母集団からの非復元単純無作為標本に基づく中央値の漸近正規性の一証明」 青山経済論集第68巻 第3号(堀場勇夫名誉教授記念号) 67-75頁 (単著) 2016/12 17. 論文  "Performance measures for asymmetric power loss functions" Communications in Statistics-Theory and Methods Volume 45(Issue 5),1260-1269頁 (共著) 2016/03 18. 論文  「有限母集団からの非復元単純無作為標本に基づく経験密度関数の漸近的性質」 青山経済論集 第67巻 第3号(美添泰人名誉教授記念号) 67(3),139-150頁 (単著) 2015/12 19. 論文  "A Test of the Equality of SN Ratios based on the Inverse Gaussian Distribution" 『品質』 45(1),76-82頁 (共著) 2015/01 20. 論文  "Note on a Bahadur representation of sample quantiles from a finite population" Bulletin of Informatics and Cybernetics 46,37-46頁 (単著) 2014/12 21. 論文  「解説:社会経済データの新潮流―統計法改正とビッグデータ」 『システム/制御/情報』(システム制御情報学会) 57巻(4号),166-171頁 (共著) 2013/04 22. 論文  「調査ウェイトを考慮した回帰係数の推定量について―残差回帰と回帰診断への応用―」 『日本の統計を考える―政府統計の信頼性に関する研究成果報告書』(統計研究会) 85-94頁 (単著) 2013/03 23. 論文  「乗法型計測システムにおけるパラメータ設計―応答関数モデリングとパフォーマンス測度モデリングによる最適化―」 『品質』(日本品質管理学会) 79-85頁 (共著) 2012/04 24. 論文  "Note on a simple derivation of the asymptotic normality of sample quantiles from a finite population" "Behaviourmetrika"(日本行動計量学会) 1-8頁 (単著) 2012/02 25. 論文  「法人企業統計データを利用した地域経済活動指数作成の試み」 『統計数理』(統計数理研究所) 305-329頁 (共著) 2009/12 26. 論文  「標本調査法における統計的汎関数について」 『公的統計の利用と統計的手法』(統計情報研究開発センター) 237-254頁 (単著) 2009/08 27. 論文  "Smoothed Versions of Statistical Functionals from a Finite Population" "Journal of the japan Statistical Society."(日本統計学会) 475-504頁 (共著) 2008/12 28. 論文  「小地域推計と労働力調査への適用」 『統計』 66-73頁 (共著) 2007/02 29. 論文  「有限母集団における分布関数の推定について」 『家計データの経済分析と統計的手法』美添泰人編,統計研究会叢書 所収 2006年3月 第7章 pp.117-131.   2006/03 30. 論文  「ノンパラメトリック回帰」 『家計のミクロ統計分析』(統計情報研究開発センター) 127-162頁 (共著) 2002/09 31. 論文  「重複是正措置の下でのHorvitz-Thompson推定量の構成とその精度」 『重複是正措置が結果制度に及ぼす影響に関する報告書』(総務省統計局統計基準部編) 54-67頁 (共著) 2002/02 32. その他 デグルート&シャービッシュ 確率と統計   (共著) 2022/03 33. その他 「研究紹介コーナー:漸近分布論に基づく統計調査の精度評価について」 「品質」 42-45頁 (単著) 2015/10 34. その他 「Commentary 分位点回帰-理論と応用-」 「社会と調査」 92-97頁 (単著) 2015/03 35. その他 「文献紹介:A modified functional delta method and its application to the estimation of risk functionals (Eric Beutner and Henryk Zähle, Journal of Multivariate Analysis,101, 2452-2463(2010))」  67頁 (単著) 2012/04 36. その他 「書評:Sampling Statistics (Wayne A. Fuller(2009). Wiley.)」 「日本統計学会誌」 489-490頁 (単著) 2012/03 5件表示 全件表示(36件) ■ 研究業績(招待講演) 1. 2013/12/14 分位点回帰の理論と実際 2. 2010/12/10 公的統計に期待されている精度と設計について ■ 研究業績(学会発表) 1. 2023/10/01 Proposal of new similarity indices "cluster center-of-gravity distance" and "cluster difference degree" and similarity cluster identification algorithm for comparing cluster analysis results of different survey years data(The 8th Japanese-German Symposium on Classification,(Hokkaido University)) 2. 2023/08/24 The Bahadur representation of sample quantiles in general unequal probability sampling designs(6th Baltic-Nordic Conference on Survey Statistics (University of Helsinki)) 3. 2017/09/09 Energy Saving Potential of Replacing the Old Refrigerator: Evidence from Comparative Case Study of Japanese Household(日本経済学会 秋季大会(青山学院大学 青山キャンパス)(共同)) 4. 2017/05/11 AGsi-curveによる空間点パターンの分類とその数理的背景(日本計算機統計学会(東京理科大学 神楽坂キャンパス)(共同)) 5. 2016/09/05 Causal Effect of Replacement into Newly Refrigerator on Electricity Consumption in Household(統計関連学会連合大会(金沢大学角間キャンパス)(共同)) 6. 2015/09/14 圏論的視点からの量子確率論(日本数学会秋季総合分科会(京都産業大学)(共同)) 7. 2012/12/28 The Frisch-Waugh-Lovell theorem for survey weighted regression and its applications(Eighth International Triennial Calcutta Symposium on Probability and Statistics (University of Calcuttta, Kolkata, India)(単独)) 8. 2011/12/30 Asymptotic Normality of quantile regression estimators from a finite population(International Conference on Advances in Probability and Statistics(The Chinese University of Hong Kong)(単独)) 9. 2011/09/07 Note on a simple derivation of a sample quantile from a finite population(統計関連学会連合大会(九州大学)(単独)) 10. 2011/09/06 ISO20252の公的統計への適用可能性とその問題点(統計関連学会連合大会(九州大学)(共同)) 11. 2010/09/25 品質工学における統計的側面―計測システムにおけるSN比(日本行動計量学会(埼玉大学)(共同)) 12. 2010/09/08 Asymptotic distributions of quantile regression estimators from a finite population(統計関連学会連合大会(早稲田大学)(単独)) 13. 2005/09/14 Smoothed Versions of Statistical Functionals from a Finite Population(統計関連学会連合大会(広島プリンスホテル)) 14. 2002/09/10 On the Probability of Large Deviation in Stratified Sampling(統計関連学会連合大会(明星大学)) 15. 2002/09/10 景気指標の分析方法に関する再検討(統計関連学会連合大会(明星大学)) 5件表示 全件表示(15件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

ステークカジノは怪しい?評判や入出金方法を解説(2024) パチスロカウボーイ バカラカジノ稼ぐ カジ旅出金エコペイズ
Copyright ©【必見】ライブカジノのおすすめオンラインカジノ12選 ... The Paper All rights reserved.