オンラインカジノおすすめランキング!170サイト掲載 ...

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

講義内容詳細:管理会計論Ⅱ デバイスに最適化/Optimize for device width 画面幅固定(PCサイズ)/Fixed width (PC-size) 小/Small 中/Medium 大/Large 特大/X-large 学部・研究科のディプロマポリシー/Undergraduate and Graduate Diploma Policy 科目ナンバリングについて/About Course Numbering 戻る 年度/Academic Year 2022 授業科目名/Course Title (Japanese) 管理会計論Ⅱ 英文科目名/Course Title (English) Management Accounting Ⅱ 学期/Semester 後期 単位/Credits 2 教員名/Instructor (Japanese) 小酒井 正和 英文氏名/Instructor (English) KOZAKAI Masakazu 講義概要/Course description この授業の目的は、管理会計の体系を理解し、ビジネス全体にどのように役立てることができるかについて理解することである。そのため、管理会計の手法、システムについての知識を習得するとともに、ケース分析を行いながら活用シーンについて学ぶ。 達成目標/Course objectives <知識>管理会計の体系について具体的に説明できる。主要な管理会計の手法を分類して、それぞれの手順を説明できる。<技能>管理会計に必要な計算をできる。組織内の人間に動機づける仕組みを構築できる。<態度>あらかじめ設定された課題に対して、自主的に計画作りを行い、自己の能力を高めていく姿勢を持つことができる。 履修条件(事前に履修しておくことが望ましい科目など)/Prerequisite 管理会計論Ⅰの単位取得が望ましいですが、必須ではありません。 授業計画/Lecture plan 1 授業計画/Class ガイダンス(オンライン授業(オンデマンド型)での実施)管理会計のフレームワーク 2 授業計画/Class 第11章 ABCによる製品戦略、原価低減、予算管理 3 授業計画/Class 第12章 バランスト・スコアカード 4 授業計画/Class 第13章 レピュテーション・マネジメント 5 授業計画/Class 第14章 インタンジブルズ・マネジメント 6 授業計画/Class 第15章 統合報告と管理会計 7 授業計画/Class 第16章 組織間管理会計 8 授業計画/Class 第17章 顧客管理会計 9 授業計画/Class 第18章 人的管理会計 10 授業計画/Class 第19章 IT管理会計 11 授業計画/Class 第20章 病院管理会計 12 授業計画/Class 第21章 銀行管理会計 13 授業計画/Class 第22章 行政管理会計 14 授業計画/Class 戦略管理会計ケース分析 15 授業計画/Class 振り返り   事前学習/Preparation テキストの該当箇所を熟読してから参加してください。 事後学習/Reviewing 毎回の授業の内容についての練習問題および振り返り課題を提出してください。 授業方法/Method of instruction 区分/Type of Class 対面授業 / Classes in-person 実施形態/Class Method 通常型 / regular 補足事項/Supplementary notes授業中については毎回、講師がCoursePowerで提示する課題を提出してもらいます。必ずスマートフォンやPCなどでCoursePowerにアクセスできる状態で授業に出席してください。事前にテキストを事前に読んでもらったのちに、講義の受講後に課題に取り組んでもらいます。ただし、講義はあくまでテキストの補足に過ぎないため、テキストを読んでいないと課題には答えられないと思われます。なお、通年で同じ教科書を用いるため、管理会計論Ⅱにて取り扱う章は第11章〜第22章であることに注意すること。 活用される授業方法/Teaching methods used プレゼンテーションpresentation PBL(課題解決型学習)project-based learning 反転授業(知識習得の要素を教室外に済ませ、知識確認等の要素を教室で行う授業形態)reverse teaching(a class style where students educate themselves out of class beforehand, and use the class period to confirm the knowledge one has gained.) ディスカッション、ディベートdiscussion / debate グループワークgroup work 実習、フィールドワークfield work 上記に該当しないnone of the above 成績評価方法/Evaluation 1 レポート Report 50% レポート(テーマへの合致性、論理性、オリジナリティ、根拠・証拠の明確性の4点から評価。コピペルナーを用いてコピペ率が30%を越えるなど、剽窃・盗用があった場合および引用/参考文献の明示がなかった場合は予告なく0点とする) 2 平常点 In-class Points 50% 授業内の課題(40%)授業参加していない人については提出を認めません。 教科書/Textbooks  著者名AuthorタイトルTitle出版社Publisher出版年Published year価格Price 1 櫻井通晴・伊藤和憲編著 ケース管理会計 中央経済社 2017 3000円(税別) メッセージ/Message テキストがないと授業になりませんので必ず入手してから授業へ参加してください。

オンラインカジノ新規 ステークカジノを徹底解説!登録方法,ボーナス,評判,入金出金 ロベルト・カルバレス・バエナ ライブカジノハウスキャッシュバック
Copyright ©オンラインカジノおすすめランキング!170サイト掲載 ... The Paper All rights reserved.