ブレイキングダウン賭け

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 賞 研究課題・受託研究・科研費 研究業績(著書・論文等) 研究業績(招待講演) 研究業績(学会発表)     (最終更新日:2020-07-11 11:42:44)   コクブ トシヒロ   KOKUBU Toshihiro   國分 俊宏    所属   青山学院大学  国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科    職種   教授 ■ 担当科目 演習ⅠA,演習ⅠB,演習Ⅱ,演習ⅡA,演習ⅡB,外国書(フランス語)講読Ⅰ,外国書(フランス語)講読Ⅱ,入門セミナーⅡ,海外ボランティア実習,フランス語文献精読Ⅰ,フランス語文献精読Ⅱ,フランス文化論,比較文化特講,国際コミュニケーション演習Ⅰ,国際コミュニケーション演習Ⅱ ■ 専門分野及び関連分野 フランス文学, 比較文学, 比較文化  ■ 学歴・学位 1. 早稲田大学 第一文学部 フランス文学専修 卒業 2. 早稲田大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士前期課程修了 3. 早稲田大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士後期課程単位取得退学 4. パリ第三大学文学博士号(Docteur ès lettres)取得 5. パリ第三大学 文学博士(Doctuer ès Lettres) ■ 職歴 1. 2000/04~2003/03 早稲田大学 第一文学部フランス文学専修 助手 2. 2001/10~2004/03 慶應義塾大学 SFC総合政策学部 非常勤講師 3. 2003/04~2004/03 早稲田大学 政治経済学部、法学部、第一文学部 非常勤講師 4. 2004/04~2007/03 駿河台大学 文化情報学部 助教授 5. 2007/04~2009/03 駿河台大学 文化情報学部 准教授 6. 2007/10~2011/03 慶應義塾大学 SFC総合政策学部 非常勤講師 7. 2009/04~2012/03 青山学院大学 国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科 准教授 8. 2011/04~2013/03 学習院大学 文学部フランス語圏文化学科 非常勤講師 9. 2012/04~ 青山学院大学 国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科 教授 5件表示 全件表示(9件) ■ 所属学会 1. 2001/12~ 日本フランス語フランス文学会 ■ 賞 1. 1996/03 レーモン・ルーセルの一人称 1995年度小野梓記念学術賞 (レーモン・ルーセルの一人称) ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. ~  現代フランス文学の翻訳と研究 個人研究  2. 2013/04~  現代フランス小説と戦後の記憶の再編成 国内共同研究  3. ~  フランス現代文学における言語と主体の問題:ミシェル・ファルドゥーリス=ラグランジュの詩的言語を中心に 個人研究  ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  ミシェル・ファルドゥーリス=ラグランジュ 神話の声、非人称の声   (単著) 2018/01 2. 著書  『ドゥルーズ 千の文学』(分担執筆:「ルカ――痙攣する言葉」および「ルーセル――差異と反復の実践者」)  459-472頁 (共著) 2011/01 3. 著書  (博士論文)Le jeu du je chez Raymond Roussel  402頁 (単著) 2002/01 4. 論文  詩の翻訳は何を伝えるか(2):北園克衛が訳したエリュアール 青山国際政経論集 (86) (単著) 2012/01 5. 論文  「詩の翻訳は何を伝えるか(1)北園克衛訳、ラディゲ「アルファベットの文字」をめぐって」 『青山国際政経論集』(青山学院大学国際政治経済学会) (83),19-43頁 (単著) 2011/01 6. 論文  「反復としての翻訳――ドゥルーズの差異の哲学をめぐって」 『青山国際政経論集』(青山学院大学国際政治経済学会) (80),61-81頁 (単著) 2009/01 7. 論文  「流転する言葉の歌または統合を拒否する非オイディプス―ドゥルーズ=ガタリからゲラシム・ルカへ」 『水声通信』(水声社) (20),115-122頁 (単著) 2007/10 8. 論文  「翻訳と意味」 『駿河台論集』(駿河台大学教養文化研究所) (34),1-24頁 (単著) 2007/07 9. 論文  「字義的意味と推論:関連性理論をめぐって」 『文科情報学』(駿河台大学文化情報学部) 1-18頁 (単著) 2007/06 10. 論文  「死の中に宿る不死――ジョルジュ・ローデンバック解題」 『すばる』(集英社) (2003年9月号),183-184頁 (単著) 2003/09 11. 論文  「レーモン・ルーセルの「私」」 『Etudes de langue et littérature françaises』(日本フランス語フランス文学会) (81),34-46頁 (単著) 2002/10 12. 論文  「Raymond Roussel et le récit poétique」 『フランス文学語学研究』(早稲田大学大学院フランス文学専攻) (21),211-228頁 (単著) 2002/03 13. 論文  「想像の自画像」 『Etudes françaises』(早稲田大学文学部フランス文学研究室) (9),152-173頁 (単著) 2002/03 14. 論文  「レーモン・ルーセルと「物」」 『Etudes françaises』(早稲田大学文学部フランス文学研究室) (8),52-75頁 (単著) 2001/03 15. 論文  "La naissance d'un univers monologique: Raymond Roussel et Marcel proust" 『フランス文学語学研究』(早稲田大学大学院フランス文学専攻) (20),163-177頁 (単著) 2001/01 16. 論文  「重力と言葉―『アフリカの印象』前半部の構成について」 『フランス文学語学研究』(早稲田大学大学院フランス文学専攻) (18),41-57頁 (単著) 1999/01 17. 論文  「幻視のエクリチュール―レーモン・ルーセルにおける語りの時間意識」 『フランス文学語学研究』(早稲田大学大学院フランス文学専攻) (17),33-48頁 (単著) 1998/01 18. 論文  「絵描きと物書き―レーモン・ルーセル『起源のテクスト』を読む」 『早稲田大学大学院文学研究科紀要』(早稲田大学大学院文学研究科) 第42輯,第2分冊,75-85頁 (単著) 1997/02 19. その他 〔翻訳〕アンドレ・ジッド『ソヴィエト旅行記』   (単著) 2019/03 20. その他 (翻訳)レーモン・ルーセル『抄訳・アフリカの印象』(挿画・坂口恭平、解説・いとうせいこう) 伽鹿舎  (単著) 2016/08 21. その他 (翻訳)エミール・ゾラ『オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家 ゾラ傑作短篇集』 光文社古典新訳文庫  (単著) 2015/06 22. その他 「海外文学・文化回顧2014 フランス文学」 図書新聞 (3187),7頁 (単著) 2014/12 23. その他 書評『詩の在りか』(佐藤伸宏氏著) 比較文学(日本比較文学会) 55 (単著) 2013/03 24. その他 (書評)ベルティーナ・ヘンリヒス著『チェスをする女』(中井珠子訳、筑摩書房、2011年) 『ふらんす』(白水社) 74-74頁 (単著) 2011/06 25. その他 「〈少女〉から女優へ、そして小説家へ」 『月刊ふらんす』(白水社)(特集アンヌ・ヴィアゼムスキー来日) 44-45頁 (単著) 2011/01 26. その他 (翻訳)アンヌ・ヴィアゼムスキー著『少女』(Anne Wiazemsky, Jeune fille, 2004) 白水社 1-238頁 (単著) 2010/10 27. その他 「ナンシー・ヒューストン 美しく哀しいポリフォニー」 『ふらんす』(白水社) 43-44頁 (単著) 2008/09 28. その他 (書評)「ブリジット・ラベ、ミシェル・ピュエシュ『哲学のおやつ』全3巻(西川葉澄訳、汐文社)」 『ふらんす』(白水社) 75頁 (単著) 2008/05 29. その他 (翻訳)ロベール・マッジョーリ著『哲学者たちの動物園』(Robert Maggiori,Un animal,un philosophe, 2005) 白水社 1-185頁 (単著) 2007/06 30. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2007年版』「文学――フランス文学」の項 ブリタニカ・ジャパン 356-357頁 (単著) 2007/04 31. その他 「世界の文学賞はどうなっているか:ゴンクール賞とライヴァル達 フランス」 『文學界』(文藝春秋社) (2006年11月号),147-153頁 (単著) 2006/11 32. その他 (書評)「ル・クレジオ『アフリカのひと』(菅野昭正訳、集英社刊)」 『図書新聞』(図書新聞社) (2774),4頁 (単著) 2006/05 33. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2006年版』「文学――フランス文学」の項 ブリタニカ・ジャパン 358頁 (単著) 2006/04 34. その他 (翻訳)フランソワ・ボン著『ローリング・ストーンズ ある伝記』(François Bon,Les Rolling Stones une biographie) 現代思潮新社 1-781頁 (共著) 2006/01 35. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2005年版』「文学――フランス文学」の項 ブリタニカ・ジャパン 368-369頁 (単著) 2005/04 36. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2005年版』「物故録――サガン」の項 ブリタニカ・ジャパン 99頁 (単著) 2005/04 37. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2005年版』「物故録――メルル」の項 ブリタニカ・ジャパン 112頁 (単著) 2005/04 38. その他 「海外文学・文化2004回顧・フランス」 『図書新聞』(図書新聞社) (2707) (単著) 2004/12 39. その他 「フランス文学賞の基礎知識――L’abc des prix littéraires」 『ふらんす』(白水社) 46-49頁 (単著) 2004/11 40. その他 (書評)「アラン・ロブ=グリエ『反復』(平岡篤頼訳、白水社刊)」 『ふらんす』(白水社) 72頁 (単著) 2004/05 41. その他 「ひと2004・作家フランソワ・ボンさん――重要なのは文法規則に適っているか否かより、自分にとって切実な表現たりえているかどうかだ――」 『世界』(岩波書店) (725),160-161頁 (単著) 2004/04 42. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2004年版』「文学――フランス文学」の項 ブリタニカ・ジャパン 357-358頁 (単著) 2004/04 43. その他 (書評)「パトリック・モディアノ『八月の日曜日』(堀江敏幸訳、水声社刊)」 『図書新聞』図書新聞社 (2649),4頁 (単著) 2003/10 44. その他 (翻訳)George Rodenbach,Les tombeaux(ジョルジュ・ローデンバック『墓碑』) 『すばる』(集英社) (2003年9月号),176-179頁 (単著) 2003/09 45. その他 (翻訳)George Rodenbach,Les vierges(ジョルジュ・ローデンバック『処女たち』) 『すばる』(集英社) (2003年9月号),180-182頁 (単著) 2003/09 46. その他 (書評)「ディディエ・デナンクス『カニバル(食人種)』(高橋啓訳、白水社刊)」 『図書新聞』図書新聞社 (2631),4頁 (単著) 2003/05 47. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2003年版』「文学――フランス文学」の項 ブリタニカ・ジャパン 358-359頁 (単著) 2003/04 48. その他 (翻訳)Mairice Sachs,Le sabbat(モーリス・サックス「サバト」(抄訳) 『すばる』(集英社) (2002年11月号),344-363頁 (単著) 2002/11 49. その他 (書評)「ジャン・エシュノーズ『ぼくは行くよ』(青木真紀子訳、集英社刊)」 『図書新聞』図書新聞社 (2582),4頁 (単著) 2002/05 50. その他 (事典項目執筆)『ブリタニカ国際年鑑・2002年版』「文学――フランス文学」の項 ブリタニカ・ジャパン 383-384頁 (単著) 2002/04 51. その他 「海外文学2001回顧・フランス文学」 『図書新聞』図書新聞社 (2563),6頁 (単著) 2001/12 52. その他 (翻訳)レーモン・ルーセル著『額の星・無数の太陽』(Raymond Roussel,L'étoile au front,La poussière de soleils) 人文書院 1-384頁 (共著) 2001/08 53. その他 (翻訳)Jean-Michel Goutier,"Encore la lumière"(ジャン=ミシェル・グーチェ「もっと光を!」) 『現代詩手帖』(思潮社) (2001年4月号),45-55頁 (単著) 2001/04 5件表示 全件表示(53件) ■ 研究業績(招待講演) 1. 2017/06/29 紀伊國屋書店&光文社Readers Club読書会「プルースト『失われた時を求めて』の世界」 2. 2016/09/02 紀伊國屋書店&光文社Readers Club読書会 「ゾラとルーセル フランス近代文学の魅力」(紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース) 3. 2015/07/23 紀伊國屋書店&光文社 Readers Club読書会 「『居酒屋』『ナナ』だけじゃない! "短篇作家"ゾラの魅力に迫る」(紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース) 4. 2014/09/27 ヤン・カルスキの黙殺された証言 「私はホロコーストを見た」 シンポジウム(青山学院大学17号館6階 本多記念国際会議場) 5. 2006/07/24 翻訳はいかに(不)可能か:言語理解のパラドックス ■ 研究業績(学会発表) 1. 2012/06/12 L'autoportrait imaginaire : le paradoxe de l'écriture chez Raymond Roussel(Colloque à Cerisy la Salle : Raymond Roussel hier aujourd'hui(単独)) 2. 2010/11/24 (口頭発表)La communication comme miracle : comment la traduction est-elle (im)possible?(Conflit et interprétation(対立と対話)青山学院大・筑波大・フランシュ・コンテ大共同セミナー(単独)) 3. 2010/10/17 (学会ワークショップ)レーモン・ルーセル:物と言葉(日本フランス語フランス文学会2010年度秋季大会) 4. 2010/09/18 (口頭発表)詩の翻訳は何を伝えるか――日仏アヴァンギャルド詩人たちの言葉とイメージ(日本比較文学会東京支部月例会(単独)) 5. 2006/07/24 (口頭発表)翻訳はいかに(不)可能か――言語理解のパラドックス(慶應義塾大学SFC、堀茂樹研究室「トランスカルチャー論プロジェクト」特別セミナー(単独)) 6. 2002/06/02 レーモン・ルーセルの「私」(日本フランス語フランス文学会春季大会(単独)) 5件表示 全件表示(6件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

プレイワールドカジノの初回入金ボーナス【ライブカジノ専用】 BeeBet, sports betting and casino ダーツマシン購入個人 ブレイキングダウン賭け
Copyright ©ブレイキングダウン賭け The Paper All rights reserved.