カジノz

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

       青山学院大学 研究者情報    English >>       TOPページ    基幹教員 担当科目 専門分野及び関連分野 学歴・学位 職歴 所属学会 学生指導及び学内行政分担 研究課題・受託研究・科研費 研究業績(著書・論文等) 研究業績(学会発表)     (最終更新日:2024-05-07 14:55:22)   ニノミヤ アヤコ   NINOMIYA Ayako   二宮 文子    所属   青山学院大学  文学部 史学科    職種   教授 ■ 基幹教員 主要授業科目担当 ■ 担当科目 史学入門,東洋史概説,基礎演習,基礎演習A,基礎演習B,特別演習,特別演習(卒業論文),東洋史演習C(1),東洋史演習C(2),歴史と人間,アジア史における社会と文化研究A,アジア史における社会と文化研究B,アジア史における社会と文化研究論文指導演習(一)A,アジア史における社会と文化研究論文指導演習(一)B,アジア史における社会と文化研究論文指導演習(二)A,アジア史における社会と文化研究論文指導演習(二)B,アジア史における社会と文化研究論文指導演習(三)A,アジア史における社会と文化研究論文指導演習(三)B,アジア史における社会と文化特殊研究A,アジア史における社会と文化特殊研究B ■ 専門分野及び関連分野 インド・イスラーム文化史  ■ 学歴・学位 1. 京都大学 文学部 卒業 2. 京都大学大学院 文学研究科 歴史文化学 修士課程修了 3. 京都大学大学院文学研究科歴史文化学専攻博士課程指導認定退学 4. 京都大学 博士(文学) ■ 職歴 1. 2008/04~2010/03 京都外国語大学 非常勤講師 2. 2008/04~2013/03 関西大学 非常勤講師 3. 2008/06~2009/02 京都大学文学部付属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館) 教務補佐 4. 2009/10~2010/03 立命館大学 非常勤講師 5. 2010/04~2013/03 日本学術振興会 特別研究員(PD) 6. 2013/04~2021/03 青山学院大学 文学部 史学科 准教授 7. 2021/04~ 青山学院大学 文学部 史学科 教授 5件表示 全件表示(7件) ■ 所属学会 1. 1997/04~ 西南アジア学会 2. 1999/04~ 東洋史研究会 3. 2010/04~ 京都大学史学研究会 4. 2010/06~ 宗教と社会学会 5. 2011/06~ 南アジア学会 ■ 学生指導及び学内行政分担 1. 2024/04/01~2026/03/31 青山学院大学 大学院文学研究科史学専攻主任 ■ 研究課題・受託研究・科研費 1. 2008/07  中世インド・イスラーム文化に関連するペルシア語写本史料の校訂と翻訳(単独) 三島海運記念財団学術研究奨励金  2. 2014/04~2017/03  前近代インドにおける音楽実践、音楽理論書の状況。 国内共同研究  3.   インドのムスリム社会形成の歴史的過程 個人研究  4.   インド共和国、ウッタル・プラデーシュ州中北部のイスラーム初伝伝説とムスリム社会の形成 個人研究  5.   中世・近世のインド・イスラーム文化 個人研究  ■ 研究業績(著書・論文等) 1. 著書  中世南アジアのスーフィズムにおける「死」と「死者」 『死の神話学』 192-218頁 (単著) 2024/03 2. 著書  Religious Endowments in South Asia under Colonial Rule  pp.91-108 (単著) 2024 3. 著書  問題群 南アジアにおけるイスラームの展開 岩波講座世界歴史 第4巻  (共著) 2022/05 4. 著書  インド共和国における共生とスーフィズムのイメージ 東長靖ほか編『イスラームの多文化共生の知恵』  (単著) 2021/03 5. 論文  死者をまつる 南アジア聖者廟のウルス  107(1),81-106頁 (単著) 2024/01 6. 論文  The Howz-e Shamsi and the Making of an Islamic Sacred Site in the Urban Space of Delhi Journal of Persianate Studies 16(1),pp.25-41 (単著) 2023/10 7. 論文  15世紀北インドにおけるインド・イスラームの学術伝統:ダウラターバーディー作『サイイドたちの美徳』を通して 西南アジア研究 96,16-37頁 (単著) 2023/06 8. 論文  『アーイーニ・アクバリー』に見られるムガル宮廷での音楽 青山史学 (39),1-8頁 (単著) 2021 9. 論文  Tension, Emotion and Devotion: Master-Disciple Relationships and Consolidation of a Ṭarīqa in Medieval India Kyoto Bulletin of Islamic Area Studies 13,pp.6-13 (単著) 2020/03 10. 論文  Concepts of Tariqa Affiliation and Membership of Tariqa: The Case of Medieval India Tonaga, Y. and Fujii, C. (eds.) Islamic Studies and the Study of Sufism in Academia  (単著) 2018 11. 論文  A note on wilāya and competitions of sufi saints in Medieval India History, Literature and Scholarly Perspectives South and West Asian Context  (単著) 2016 12. 論文  インドにおけるイスラーム「聖地」の創造——シャムスの貯水池Ḥauḍ-i Shamsīと『求道者の鍵Miftāḥ al-Ṭālibīn』—— 龍谷史壇 1-17頁 (単著) 2013/12 13. 論文  「北インド農村地域におけるスーフィー教団施設――ハーンカー・カリーミーヤの事例――」 東洋史研究 38-68頁 (単著) 2011/12 14. 論文  「聖者の因子:中世インドのスーフィー聖者の事例から」 宗教と社会 3-16頁 (単著) 2011/06 15. その他 アブル・ファズル著『アーイーニ・アクバリー』訳注(1)〜(12) 神戸大学文学部紀要 40~51 (共著)  16. その他 文学作品から見る前近代のヒンドゥー・ムスリム関係 現代インド・フォーラム (45),13-18頁 (単著) 2020/04 17. その他 イスラームにおける奇跡と驚異 山中由里子(編)『<驚異>の文化史 中東とヨーロッパを中心に』名古屋大学出版会  (単著) 2015 5件表示 全件表示(17件) ■ 研究業績(学会発表) 1. 2023/05/31 From Delhi to Jawnpur: Shihāb al-Dīn al-Dawlatābādī’s Manāqib al-sādāt(ASPS 9th Biennial Convention) 2. 2023/04/15 死者をまつる 南アジア聖者廟の祭祀(2023年度史学研究会例会) 3. 2023/03/15 Translating Ā’īn-i Akbarī: Project of Japanese Researchers(National Seminar on Mughal Empire: Art, Architecture and Historiography) 4. 2020/12/22 Discussing Sayyids in the Indian Regional Context: Shihāb al-Dīn al-Dawlatābādī’s Manāqib al-sādāt(ASPS Virtual Event Series II Two-Panel Event: Panel 1: Arguing the Place of the Prophet’s Family in the Persianate World) 5. 2019/03/10 Analyzing Intellectual Milieu of Ā’īn-i Akbarī(The Sixth Perso-Indica Conference “The Classification of Indic Knowledge at the Mughal Court: the Ā’īn-i Akbarī”) 6. 2019/03/02 Tension, Emotion, and Devotion: Master-Disciple Relationships and Consolidation of a Tariqa in Medieval India(CNRS-KIAS-SIAS JOINT SEMINAR 2019 “Sufism, Sufi orders and Saints from Africa to Asia: New Researches in Japan and in France”) 7. 2018/07/05 Religious Endowments in South Asia under the Colonial Rule: The Case of Dargāh Sālār Mas`ūd(International Conference of History and Governance of Awqaf in India and Malaysia: Colonial Interventions and Modern States (ICHGA 2018)) 8. 2018/01/21 Qadam-i Sharīf, Mecca and Delhi: Story of a Sufi and Footprints of the Prophet Muḥammad in Medieval India(CNRS-KIAS/SIAS Joint Seminar “Holy Relics and Religious Commodities in Islam”) 9. 2015/12/13 英領インド行政とムスリム聖者廟(2015年度九州史学会大会イスラム文明学部会) 10. 2015/09/27 19世紀北インドの聖者廟の資産についての分析:サーラール・マスウード廟の事例(日本南アジア学会第28回全国大会) 11. 2011/10/02 ムガル期におけるイスラーム――ペルシア語神秘思想文献を通して見るイスラームと南アジアの接触の様態――(日本南アジア学会第24回全国大会) 12. 2010/12/19 Towards Theoretical Analysis of Ṭarīqa: Structural Models of Ṭarīqa in Medieval India(IAS International Conference 2010, New Horizones in Islamic Area Studies) 13. 2008/12/14 アブドゥルカーディル・バダーウニー ― ― 十六世紀ムガル朝の知識人の「宮仕え」と教養 ― ―(2008年度九州史学会大会イスラム文明学部会) 14. 2007/10/13 To Whom You Belong?: Pir-Murid Relationship and Silsilah in Medieval India(Rethinking Tariqa: What Makes Something Tariqa? (International Workshop of NIHU Program: Islamic Area Studies)) 5件表示 全件表示(14件)  閉じる   このページの先頭へ Copyright © Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.

スポーツベットアイオーを徹底解説!評判や登録・入金方法 busd仮想通貨 新しいカジノ入金不要 メキシコプロレス
Copyright ©カジノz The Paper All rights reserved.